About 500 Most Frequently Accessed Articles in hellog as of 20190331

The number of page views is given in parentheses.
  1. #485. 語源を知るためのオンライン辞書 (159)
  2. #1525. 日本語史の時代区分 (155)
  3. #1021. 英語と日本語の音素の種類と数 (75)
  4. #1520. なぜ受動態の「態」が voice なのか (72)
  5. #3138. 漢字の伝来と使用の年代 (52)
  6. #3478. 『図説イギリスの歴史』の年表 (49)
  7. #1258. なぜ「他動詞」が "transitive verb" なのか (43)
  8. #2601. なぜ If I WERE a bird なのか? (43)
  9. #2502. なぜ不定詞には to 不定詞と原形不定詞の2種類があるのか? (41)
  10. #2333. a lot of (39)
  11. #3619. Lowth がダメ出しした2重比較級と過剰最上級 (39)
  12. #3618. Johnson による比較級・最上級の作り方の規則 (38)
  13. #1299. 英語で「みかん」のことを satsuma というのはなぜか? (36)
  14. #3411. 話し言葉,書き言葉,口語(体),文語(体) (35)
  15. #647. million 以上の大きな単位 (33)
  16. #2191. レトリックのまとめ (32)
  17. #3427. 訓令式・日本式・ヘボン式のローマ字つづり対照表 (32)
  18. #43. なぜ go の過去形が went になるか (31)
  19. #3009. 母語話者数による世界トップ25言語(2017年版) (31)
  20. #3305. なぜ can の否定形は cannot と1語で綴られるのか? (31)
  21. #29. thumbfinger (30)
  22. #2784. なぜアメリカでは英語が唯一の主たる言語となったのか? (30)
  23. #2. 自己紹介 (28)
  24. #1035. 列挙された人称代名詞の順序 (27)
  25. #3620. 「命令法」を認めず「原形の命令用法」とすればよい? (1) (27)
  26. #3095. Your Grace, Your Highness, Your Majesty (25)
  27. #455. インドヨーロッパ語族の系統図(日本語版) (22)
  28. #1629. 和製漢語 (22)
  29. #2708. morn, morning, morrow, tomorrow (22)
  30. #159. 島国であって島国でないイギリス (21)
  31. #3611. なぜ He is to blame.He is to be blamed. とならないのか? (20)
  32. #3623. ヘブライ語からの借用語 (20)
  33. #3624. 安藤貞雄『英語史入門』の英語史年表 (20)
  34. #35. finger の語源 (19)
  35. #178. 動詞の規則活用化の略歴 (19)
  36. #2343. 19世紀における a lot of の爆発 (19)
  37. #2600. 古英語の be 動詞の屈折 (19)
  38. #2840. 人類の脳容量の変化 (19)
  39. #3621. 「命令法」を認めず「原形の命令用法」とすればよい? (2) (19)
  40. #137. 世界の言語の基本語順 (18)
  41. #361. 英語語源情報ぬきだしCGI(一括版) (18)
  42. #852. 船や国名を受ける代名詞 she (1) (18)
  43. #947. 現代英語の前置詞一覧 (18)
  44. #2835. 構造主義,生成文法,認知言語学の3角形 (18)
  45. #3283. 『歴史言語学』朝倉日英対照言語学シリーズ[発展編]が出版されました (18)
  46. #3614. 第3回 HiSoPra* 研究会のお知らせ (18)
  47. #3617. -er/-estmore/most か? --- 比較級・最上級の作り方 (18)
  48. Articles of Category "singular_they" (18)
  49. #41. 言語と文字の歴史は浅い (17)
  50. #308. 現代英語の最頻英単語リスト (16)
  51. #317. 拙著で自分マイニング(キーワード編) (16)
  52. #1475. 英語と言語に関する地図のサイト (16)
  53. #1976. 会話的含意とその他の様々な含意 (16)
  54. #2491. フランス語にみられる20進法の起源説 (16)
  55. #853. 船や国名を受ける代名詞 she (2) (15)
  56. #2285. hundred は "great ten" (15)
  57. Articles of Category "thesaurus" (15)
  58. #205. 大母音推移 (14)
  59. #403. 流れに逆らっている比較級形成の歴史 (14)
  60. #439. come -- came -- come なのに welcome -- welcomed -- welcomed なのはなぜか (14)
  61. #2891. フランス語 bleu に対して英語 blue なのはなぜか (14)
  62. #3479. 『図説 イギリスの王室』の年表 (14)
  63. #3604. なぜ The house is building. で「家は建築中である」という意味になるのか? (14)
  64. #11. 「虹」の比較語源学 (13)
  65. #1045. 柳田国男の方言周圏論 (13)
  66. #1135. 印欧祖語の文法性の起源 (13)
  67. #2649. 歴代イギリス総理大臣と任期の一覧 (13)
  68. #3342. 講座「歴史から学ぶ英単語の語源」のお知らせ (13)
  69. #3622. latter の形態を説明する古英語・中英語の "Pre-Cluster Shortening" (13)
  70. #172. 呼びかけ語としての Mr, *Mrs, Miss (12)
  71. #994. syntagmatic relation と paradigmatic relation (12)
  72. #1441. JACET 8000 等のベース辞書による語彙レベル分析ツール (12)
  73. #2112. なぜ3単現の -s がつくのか? (12)
  74. #2346. more, most を用いた句比較の発達 (12)
  75. #2361. アイルランド歴史年表 (12)
  76. #2490. 完了構文「have + 過去分詞」の起源と発達 (12)
  77. #3609. 『英語教育』の連載「英語指導の引き出しを増やす 英語史のツボ」が始まりました (12)
  78. Articles of Category "subjunctive" (12)
  79. #17. 注意すべき古英語の綴りと発音 (11)
  80. #53. 後期中英語期の through の綴りは515通り (11)
  81. #766. 言語の線状性 (11)
  82. #1510. scale (鱗)の語源と sc- (11)
  83. #1601. 英語と日本語の母音の位置比較 (11)
  84. #2104. 五十音図 (11)
  85. #2618. 文字をもたない言語の数は? (2) (11)
  86. #2885. なぜ「前置詞+関係代名詞 that」がダメなのか (1) (11)
  87. #2933. 紙の歴史年表 (11)
  88. #3276. Churchill の We Shall Fight on the Beaches 演説 (11)
  89. #3298. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (1) (11)
  90. #3307. 文法用語としての participle 「分詞」 (11)
  91. #3548. Parsed Corpus of Early English Correspondence (PCEEC) (11)
  92. Articles of Category "etymology" (11)
  93. #47. 所有格か目的格か:myselfhimself (10)
  94. #146. child の複数形が children なわけ (10)
  95. #291. 二人称代名詞 thou の消失の動詞語尾への影響 (10)
  96. #417. 文法化とは? (10)
  97. #456. 比較の -er, -est は屈折か否か (10)
  98. #1047. nice の意味変化 (10)
  99. #1444. 法律英語の特徴 (10)
  100. #1544. 言語の起源と進化の年表 (10)
  101. #1558. ギネスブック公認,子音と母音の数の世界一 (10)
  102. #1652. 第2言語習得でいう "communicative competence" (10)
  103. #1834. 文字史年表 (10)
  104. #2314. 従属接続詞を作る虚辞としての that (10)
  105. #2421. 現在分詞と動名詞の協働的発達 (10)
  106. #3032. 屈折比較と句比較の競合の略史 (10)
  107. Articles of Category "inflection" (10)
  108. Articles of Category "metanalysis" (10)
  109. #40. 接尾辞 -ly は副詞語尾か? (9)
  110. #84. once, twice, thrice (9)
  111. #154. 古英語の決定詞 se の屈折 (9)
  112. #541. sayssaid はなぜ短母音で発音されるか (9)
  113. #651. 公文書の原文を巧みに扱う外交官 (9)
  114. #700. 語,形態素,接辞,語根,語幹,複合語,基体 (9)
  115. #748. 話し言葉書き言葉 (9)
  116. #752. 他動詞と自動詞の特殊な過去分詞形容詞 (9)
  117. #810. -ly 副詞の連続は cacophonous か (9)
  118. #1122. 協調の原理 (9)
  119. #1180. ロマンス系比較級と共起する比較基準の前置詞 to (9)
  120. #1277. 文字をもたない言語の数は? (9)
  121. #1647. 言語における韻律的特徴の種類と機能 (9)
  122. #1762. as it were (9)
  123. #1877. 動詞を作る接頭辞 en- と接尾辞 -en (9)
  124. #1968. 語の意味の成分分析 (9)
  125. #2124. 稲荷山古墳金錯銘鉄剣 (9)
  126. #2189. 時・条件の副詞節における will の不使用 (9)
  127. #2342. 学問名につく -ic と -ics (9)
  128. #2454. 文字体系と表記体系 (9)
  129. #2551. 概念メタファーの例をいくつか追加 (9)
  130. #2814. 母音連続回避と声門閉鎖音 (9)
  131. #2848. 「若者は1字下げない」 (9)
  132. #2893. Beowulf の冒頭11行 (9)
  133. #2979. Chibanian はラテン語? (9)
  134. #3010. 「言語の植民地化に日本ほど無自覚な国はない」 (9)
  135. #3339. 現代英語の基本的な不規則動詞一覧 (9)
  136. #3606. 講座「北欧ヴァイキングと英語」 (9)
  137. #151. 現代英語の5特徴 (8)
  138. #180. 古英語の人称代名詞の非対称性 (8)
  139. #183. flowerflour (8)
  140. #399. 現代英語に起こっている言語変化 (8)
  141. #747. 記述規範 (8)
  142. #924. 複合語の分類 (8)
  143. #971. 「help + 原形不定詞」の起源 (8)
  144. #1023. 日本語の拍の種類と数 (8)
  145. #1308. learn の「教える」の語義 (8)
  146. #1363. なぜ言語には男女差があるのか --- 女性=保守主義説 (8)
  147. #1529. なぜ女性は言語的に保守的なのか (3) (8)
  148. #1704. a great many years (8)
  149. #1708. *wer- の語根ネットワークと weird の語源 (8)
  150. #1737. アメリカ州名の由来 (8)
  151. #2355. フランス語の語彙以外への影響 --- 句,綴字,派生形態論,強勢 (8)
  152. #2505. 日本でも弥生時代に漢字が知られていた (8)
  153. #2921. ジェスチャーの分類 (8)
  154. #2954. ジャガイモの呼び名いろいろ (8)
  155. #3017. industry の2つの語義,「産業」と「勤勉」 (1) (8)
  156. #3038. 古英語アルファベットは27文字 (8)
  157. #3051. 「less + 複数名詞」はダメ? (8)
  158. #3314. 英語史における「言文一致運動」 (8)
  159. #3615. 初期近代英語の2重比較級・最上級は大言壮語にすぎない? (8)
  160. #3616. 語幹母音短化タイプの比較級に由来する latter, last, utter (8)
  161. Articles of Category "asacul" (8)
  162. #51. 「5W1H」ならぬ「6H」 (7)
  163. #97. 借用接尾辞「チック」 (7)
  164. #133. 形容詞をつくる接尾辞 -ish の拡大の経路 (7)
  165. #148. フラマン語とオランダ語 (7)
  166. #155. 古英語の人称代名詞の屈折 (7)
  167. #179. personparson (7)
  168. #196. 現代英語の人称代名詞体系 (7)
  169. #209. near の正体 (7)
  170. #247. 「ウィメンズ」と female (7)
  171. #295. blackBlake (7)
  172. #583. ドイツ語式の名詞語頭の大文字使用は英語にもあった (7)
  173. #624. 現代英語の文法変化の一覧 (7)
  174. #674. semantic prosody (7)
  175. #804. 名前動後の単語一覧 (7)
  176. #903. 借用の多い言語と少ない言語 (7)
  177. #944. rationreason (7)
  178. Articles in Month 2011-12 (7)
  179. #1006. ルーン文字の変種 (7)
  180. Articles in Month 2012-01 (7)
  181. #1307. mostmest (7)
  182. #1425. 最新のアクセスランキング (7)
  183. #1624. 和製英語の一覧 (7)
  184. #1799. New Zealand における英語の歴史 (7)
  185. #1854. 無変化活用の動詞 set -- set -- set, etc. (7)
  186. #2017. foot の複数はなぜ feet か (2) (7)
  187. #2083. She'll make a good wife. の構文 (7)
  188. #2267. 疑問詞 what の副詞的用法 (7)
  189. #2366. なぜ英語人名の順序は「名+姓」なのか (7)
  190. #2371. ポルトガル史年表 (7)
  191. #2548. 概念メタファー (7)
  192. #2722. sad の意味変化 (7)
  193. #2888. 文字史におけるフェニキア文字の重要性 (7)
  194. #3113. アングロサクソン人は本当にイングランドを素早く征服したのか? (7)
  195. #3118. (無)文字社会と歴史叙述 (7)
  196. #3306. we two, you three などの所有格 (7)
  197. Articles of Category "statistics" (7)
  198. #37. ブリテン島へ侵入した5民族の言語とその英語への影響 (6)
  199. #55. through の語源 (6)
  200. #105. 日本語に入った「チック」語 (6)
  201. #190. 品詞転換 (6)
  202. Articles in Month 2010-02 (6)
  203. #522. 形態論による言語類型 (6)
  204. #579. aisle --- なぜこの綴字と発音か (6)
  205. #637. クルガン文化印欧祖語 (6)
  206. #736. 英語の「起源」は複数ある (6)
  207. #783. 副詞 home は名詞の副詞的対格から (6)
  208. #957. many more people (6)
  209. #995. The rose smells sweet.The rose smells sweetly. (6)
  210. #1031. 現代日本語の方言区分 (6)
  211. #1038. thenthan (6)
  212. #1134. 協調の原理が破られるとき (6)
  213. #1257. なぜ「対格」が "accusative case" なのか (6)
  214. #1290. 黙字と黙字をもたらした音韻消失等の一覧 (6)
  215. #1327. ヒトの言語に共通する7つの性質 (6)
  216. #1345. read -- read -- read の活用 (6)
  217. #1524. 英語史の時代区分 (6)
  218. #1648. adjacency pair (6)
  219. #1691. than の代用としての as (6)
  220. #1879. 日本語におけるローマ字の歴史 (6)
  221. #1904. 形容詞の no と副詞の no は異なる語源 (6)
  222. #1963. 構文文法 (6)
  223. #2029. 日本の方言差別と方言コンプレックスの歴史 (6)
  224. #2296. flute の語源について (6)
  225. #2386. 日本語の文字史(古代編) (6)
  226. #2447. 言語の数と文字体系の数 (6)
  227. #2450. 中英語における <u> の <o> による代用 (6)
  228. #2665. 発話行為の適切性条件 (6)
  229. #2674. 明示的遂行文の3つの特徴 (6)
  230. #2734. 所有代名詞 hers, his, ours, yours, theirs の -s (6)
  231. #2841. 人類の起源と言語の起源の関係 (6)
  232. #3137. 日本語史の時代区分 (2) (6)
  233. #3299. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (2) (6)
  234. #3484. 英詩の形式の変遷 (6)
  235. #3499. "Standard English" と "General English" (6)
  236. Articles in Month 2019-03 (6)
  237. Articles of Category "hel_education" (6)
  238. Articles of Category "personal_pronoun" (6)
  239. Articles of Category "semantics" (6)
  240. #20. 接尾辞-dom をもつ名詞 (5)
  241. #31. 現代英語の子音の音素 (5)
  242. #54. through 異綴りベスト10(ワースト10?) (5)
  243. #62. なぜ綴りと発音は乖離してゆくのか (5)
  244. #72. /r/ と /l/ は間違えて当然!? (5)
  245. #73. 「天の川」の比較語源学 (5)
  246. #86. one の発音 (5)
  247. #103. グリムの法則とは何か (5)
  248. #113. 言語は世界を写し出す --- iconicity (5)
  249. #116. 語源かぶれの綴り字 --- etymological respelling (5)
  250. #121. octopus の複数形 (5)
  251. #171. guesthost (2) (5)
  252. #173. ENL, ESL, EFL の話者人口 (5)
  253. #175. soothe の意味変化 (5)
  254. Articles in Month 2009-11-09 (5)
  255. #204. 非人称構文 (5)
  256. #275. 現代英語の三人称単数共性代名詞 (5)
  257. #362. 英語例文検索 EReK (5)
  258. #393. Venus は欲望の権化 (5)
  259. #423. アルファベットの歴史 (5)
  260. #440. 現代に残る敬称の you (5)
  261. #496. ウラル語族 (5)
  262. #693. as, so, also (5)
  263. #719. plagiarism (5)
  264. #756. 世界からの借用語 (5)
  265. #767. 言語の二重分節 (5)
  266. #842. th-sound はまれな発音か (5)
  267. #980. ethical dative (5)
  268. #1042. 英語における音読みと訓読み (5)
  269. #1071. Jakobson による言語の6つの機能 (5)
  270. #1401. hellog で最も多くアクセスされている記事 (5)
  271. #1439. 聖書に由来する表現集 (5)
  272. #1528. 右は善良で,左は邪悪 (5)
  273. #1559. 出会いと別れの挨拶 (5)
  274. #1595. 消えゆく満州語 (5)
  275. #1649. longerleng(er) を置き換えたのはいつか? (5)
  276. #1657. アメリカの英語公用語化運動 (5)
  277. #1703. 南アフリカの植民史と国旗 (5)
  278. #1798. Australia における英語の歴史 (5)
  279. #1800. 様々な反対語 (5)
  280. #1880. 接尾辞 -ee の起源と発展 (1) (5)
  281. #1908. 女性を表わす語の意味の悪化 (1) (5)
  282. #1918. sharpflat (5)
  283. #2071. <dispatch> vs <despatch> (5)
  284. #2093. <gauge> vs <gage> (5)
  285. #2119. 社会言語学と語用論の接点 (5)
  286. #2173. gospel から d が脱落した時期 (5)
  287. #2200. なぜ *haves, *haved ではなく has, had なのか (5)
  288. #2212. 固有名詞はシニフィエなきシニフィアンである (5)
  289. #2227. なぜ <u> で終わる単語がないのか (5)
  290. #2399. 象形文字の年表 (5)
  291. #2552. 構造的メタファーと方向的メタファーの違い (1) (5)
  292. #2615. 英語語彙の世界性 (5)
  293. #2633. なぜ現在完了形は過去を表わす副詞と共起できないのか --- Present Perfect Puzzle (5)
  294. #2662. ソシュールによる言語の共時態と通時態 (2) (5)
  295. #2991. ルーン文字の名前に意味があったからこそ (5)
  296. #3135. -ed の起源 (5)
  297. #3170. 現代日本語の語種分布 (2) (5)
  298. #3286. 津田幸男による英語支配を脱する試案,3点 (5)
  299. #3290. アフリカの公用語事情 (5)
  300. #3408. Elizabeth の数々の異名 (5)
  301. #3443. 表音文字と表意文字 (5)
  302. #3492. address の <dd> について (1) (5)
  303. #3500. 世界史資料集の「古代文字の解読」 (5)
  304. #3542. 『CNN English Express』2月号に拙論の英語史特集が掲載されました (5)
  305. #3607. 中英語における <u> の <o> による代用 (3) (5)
  306. Articles of Category "3sp" (5)
  307. Articles of Category "coca" (5)
  308. Articles of Category "comparison" (5)
  309. Articles of Category "cryptology" (5)
  310. Articles of Category "generative_grammar" (5)
  311. Articles of Category "i-mutation" (5)
  312. Articles of Category "indo-european" (5)
  313. Articles of Category "phonaesthesia" (5)
  314. Articles of Category "runic" (5)
  315. Articles of Category "suppletion" (5)
  316. #16. 接尾辞-th をもつ抽象名詞のもとになった動詞・形容詞は? (4)
  317. #25. 古英語の名詞屈折(1) (4)
  318. #33. ジュート人の名誉のために (4)
  319. #112. フランス・ラテン借用語と仮定法現在 (4)
  320. #115. 男の人魚はいないのか? (4)
  321. #122. /kn/ で始まる単語 (4)
  322. #130. 中英語の方言区分 (4)
  323. #132. 古英語から中英語への語順の発達過程 (4)
  324. #158. アメリカ英語の時代区分 (4)
  325. #181. Chaucer の人称代名詞体系 (4)
  326. Articles in Month 2009-10 (4)
  327. #202. 現代英語の基本語彙600語の起源と割合 (4)
  328. #223. woman の発音と綴字 (4)
  329. #231. 言語起源論の禁止と復活 (4)
  330. #249. 2009年度後期の英語史レポートで人気のあった話題 (4)
  331. #274. 言語数と話者数 (4)
  332. #305. -ise か -ize (4)
  333. #325. mandative subjunctiveshould (4)
  334. #345. "mandative subjunctive" を取り得る語のリスト (4)
  335. #424. 現代アメリカ英語における wh- 関係代名詞の激減 (4)
  336. #473. 意味変化の典型的なパターン (4)
  337. #505. silly の意味変化 (4)
  338. #521. 意外と使われている octopi (4)
  339. #549. 多重否定の効用 (4)
  340. #606. 英語の綴字改革が失敗する理由 (4)
  341. #626. 「フランス語は論理的な言語である」という神話 (4)
  342. #696. Log-Likelihood Test (4)
  343. #702. -ths の発音 (4)
  344. #764. 現代英語動詞活用の3つの分類法 (4)
  345. #786. 前接語後接語 (4)
  346. #811. the + 比較級 + for/because (4)
  347. #970. Money makes the mare to go. (4)
  348. #983. flat adverb の種類 (4)
  349. #992. 強意語と「限界効用逓減の法則」 (4)
  350. #1005. 平仮名による最古の「いろは歌」が発見された (4)
  351. #1009. ルーン文字文化と関係の深い語源 (4)
  352. #1013. アングロサクソン人はどこからブリテン島へ渡ったか (4)
  353. #1025. 共時態と通時態の関係 (4)
  354. #1028. なぜ国名が女性とみなされてきたのか (4)
  355. #1030. England の現代英語方言区分 (2) (4)
  356. #1054. singular they (4)
  357. #1081. 社会言語学の発展の背景と社会言語学の分野 (4)
  358. #1109. 意味変化の原因の分類 (4)
  359. #1112. 分かち書き (1) (4)
  360. #1146. インドヨーロッパ語族の系統図(Fortson版) (4)
  361. #1221. 季節語の歴史 (4)
  362. #1364. なぜ女性は言語的に保守的なのか (4)
  363. #1396. "Standard English" とは何か (4)
  364. #1417. 群属格の発達 (4)
  365. #1482. なぜ go の過去形が went になるか (2) (4)
  366. #1614. 英語 title に対してフランス語 titre であるのはなぜか? (4)
  367. #1618. 英語の /l/ と /r/ (4)
  368. #1653. be 完了の歴史 (4)
  369. #1724. Skeat による2重語一覧 (4)
  370. #1851. 再帰代名詞 oneself の由来についての諸説 (4)
  371. #1869. 日本語における仏教語彙 (4)
  372. #1905. 日本語における「女性語」 (4)
  373. #1926. 日本人≠日本語母語話者 (4)
  374. #1972. Meillet の文法化 (4)
  375. #2044. なぜ mayn't が使われないのか? (1) (4)
  376. #2095. 主観化と間主観化 (4)
  377. #2135. nowadays (4)
  378. #2188. spinster, youngster などにみられる接尾辞 -ster (4)
  379. #2208. 英語の動詞に未来形の屈折がないのはなぜか? (4)
  380. #2272. 歴史的な and の従属接続詞的(独立分詞構文的)用法 (4)
  381. #2297. 英語 flow とラテン語 fluere (4)
  382. #2455. 2015年の英語流行語大賞 (4)
  383. #2501. 粘土証票の文字発生説 (3) (4)
  384. #2583. Robert Lowth, Short Introduction to English Grammar (4)
  385. Articles in Month 2016-06-10 (4)
  386. #2625. 古ノルド語からの借用語の日常性 (4)
  387. #2647. びっくり should (4)
  388. #2671. 現代英語方言における flat adverb の使用 (4)
  389. #2704. カエサル暗号 (4)
  390. #2727. ポリュビオス暗号 (4)
  391. #2764. 拙著『英語の「なぜ?」に答える はじめての英語史』が出版されました (4)
  392. #2775. マリー・アントワネットの用いた暗号 (1) (4)
  393. #2786. 世界言語構造地図 --- WALS Online (4)
  394. #2803. アイルランド語の話者人口と使用地域 (4)
  395. #2879. comfortm の由来 (4)
  396. #2886. なぜ「前置詞+関係代名詞 that」がダメなのか (2) (4)
  397. #2908. キリスト教主要9教派の名称の由来 (4)
  398. #2917.「英語の第二公用語化」とは妙な表現 (4)
  399. #2934. tea とイギリス (4)
  400. #3029. 統語論の3つの次元 (4)
  401. #3104. なぜ「ninth(ナインス)に e はないんす」かね? (4)
  402. #3132. 暗号学と言語学 (2) (4)
  403. #3183. ソグド語 (4)
  404. #3248. 日本十進分類法 (NDC) 10版 (4)
  405. #3279. 年度初めの「素朴な疑問」を3点 (4)
  406. #3349. 後期近代英語期における形容詞比較の屈折形 vs 迂言形の決定要因 (4)
  407. #3402. presupposition trigger のタイプ (4)
  408. #3433. 英語の男性名 John (4)
  409. #3485. 「神代文字」を否定する根拠 (4)
  410. #3486. 固有の文字を発明しなかったとしても…… (4)
  411. #3494. 英語史における書き言葉と話言葉の標準化を視覚化 (4)
  412. #3495. Jespersen による滲出の例 (4)
  413. #3496. Highland Clearances と Scottish Gaelic の禁止 (4)
  414. #3497. 『イギリス史10講』の年表 (4)
  415. #3498. hybrid Englishes (4)
  416. #3501. 1552年と1662年の祈祷書の文法比較 (4)
  417. #3502. pronoun exchange (4)
  418. #3518. 条件節と疑問文の近さ (4)
  419. #3590. 「ことば遊び」と言語学 (4)
  420. #3605. This needs explaining. --- 「need +動名詞」の構文 (4)
  421. #3610. 片仮名で表記する「ツボ」 --- 表意性の消去 (4)
  422. #3613. 今後の言語変化論の課題 --- 通時的タイポロジーという可能性 (4)
  423. Articles of Category "adjective" (4)
  424. Articles of Category "alliteration" (4)
  425. Articles of Category "dictionary" (4)
  426. Articles of Category "double_comparative" (4)
  427. Articles of Category "etymology" (4)
  428. Articles of Category "euphemism" (4)
  429. Articles of Category "future" (4)
  430. Articles of Category "grammaticalisation" (4)
  431. Articles of Category "grammatology" (4)
  432. Articles of Category "i-mutation" (4)
  433. Articles of Category "link" (4)
  434. Articles of Category "minim" (4)
  435. Articles of Category "passive" (4)
  436. Articles of Category "politeness" (4)
  437. Articles of Category "sound_symbolism" (4)
  438. Articles of Category "subjunctive" (4)
  439. Articles of Category "synonym" (4)
  440. #1. 英語史ブログを開始 (3)
  441. Articles in Month 2009-05-01 (3)
  442. #14. 抽象名詞の接尾辞-th (3)
  443. #30. 古英語の前置詞と格 (3)
  444. #49. /k/ の口蓋化で生じたペア (3)
  445. #59. 英語史における古ノルド語の意義を教わった! (3)
  446. #60. 音位転換 ( metathesis ) (3)
  447. Articles in Month 2009-06 (3)
  448. #68. first は何の最上級か (3)
  449. #83. 「ビバーク」と英語史 (3)
  450. #91. なぜ一人称単数代名詞 I は大文字で書くか (3)
  451. #94. gaoljail (3)
  452. #102. hundredグリムの法則 (3)
  453. #119. 英語を世界語にしたのはクマネズミか!? (3)
  454. #127. deer, beast, and animal (3)
  455. #156. 古英語の se の品詞は何か (3)
  456. #167. 世界の言語の T/V distinction (3)
  457. #177. ENL, ESL, EFL の地域のリスト (3)
  458. #182. ゲルマン語派の特徴 (3)
  459. #194. shadowshade (3)
  460. #195. Shakespeare に関する Web resources (3)
  461. #199. <U> はなぜ /ju:/ と発音されるか (3)
  462. #213. 「え゛ー」の発音 (3)
  463. #217. 英語話者の同心円モデル (3)
  464. Articles in Month 2009-11 (3)
  465. #226. 英語は "apolitical" な言語か? (3)
  466. #233. 英語史の時代区分の歴史 (2) (3)
  467. #242. phonaesthesia と 遠近大小 (3)
  468. Articles in Month 2009-12 (3)
  469. #257. Chaucer が英語史上に果たした役割とは? (3)
  470. #258. 動きや音を示唆する phonaethesia (3)
  471. #268. 現代英語の Liabilities 再訪 (3)
  472. Articles in Month 2010-01 (3)
  473. #287. 外国語の polysemy は発想の源泉 (3)
  474. #293. 言語の難易度は測れるか (3)
  475. #299. explain になぜ <i> があるのか (3)
  476. #301. 誤用とされる英語の語法 Top 10 (3)
  477. #313. Canadian English の二峰性 (3)
  478. #334. 英語語彙の三層構造 (3)
  479. #335. 日本語語彙の三層構造 (3)
  480. #373. <u> と <v> の分化 (1) (3)
  481. #376. 世界における英語の広がりを地図でみる (3)
  482. #380. often の <t> ではなく <n> こそがおもしろい (3)