hellog〜英語史ブログ     前の日     次の日     最新     2015-09     検索ページへ     ランダム表示    

hellog〜英語史ブログ / 2015-09-09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015-09-09 Wed

#2326. SHEL-9 に参加して気づいた学界の潮流など [academic_conference]

 昨日の記事「#2325. ICOME9 に参加して気づいた学界の潮流など」 ([2015-09-08-1]) に引き続き,今回は SHEL-9 の学会参加報告を.
 2015年6月5日〜7日にカナダのバンクーバー (University of British Columbia) で開催された DSNA-20 & SHEL-9 Dual Conference への参加報告として,学会の発表や発表者の概要をつかむのに役立つと思われる情報を示す.学会詳細は SHEL-9 (Studies in the History of the English Language) よりアクセス可.

(1) 学会の沿革

 ヨーロッパで開催される国際学会 ICEHL (International Conference on English Historical Linguistics) の北米版.SHEL と ICEHL は毎年交互に開催されることになっているが,SHEL は他の関連学会との抱き合わせとなることが多い.私は初めての参加.SHEL-9 と DSNA-20 で合わせて107の発表と120名の発表者(キャンセルも含め)が4部屋並行で行われた.英語史分野の全体の2/3くらいか.

 ・ 第1回 UCLA (2000)
 ・ 第2回 University of Washington, Seattle (2002)
 ・ 第3回 University of Michigan, Ann Arbor (2004); jointly with GLAC (= Germanic Linguistics Annual Conference)
 ・ 第4回 University of Northern Arizona (2006)
 ・ 第5回 University of Georgia, Athens (2007)
 ・ 第6回 Universities of Calgary and British Columbia at Banff, Alberta (2009); jointly with GLAC
 ・ 第7回 Indian University, Bloomington (2012); jointly with GLAC
 ・ 第8回 Brigham Young University in Provo, Utah (2013)
 ・ 第9回 University of British Columbia, Vancouver (2015); held jointly with DSNA (= Dictionary Society of North America Meeting)
 

(2) 基調講演

 ・ Nikolaus Ritt (Vienna University)
    "Language Change as Cultural Evolution: From Theory to Practice"
 ・ Charlotte Brewer (Oxford University)
    "Mapping the OED: The Changing Record of the English Language"
 ・ Colette Moore (University of Washington)
    "Sociopragmatics in Middle English Manuscripts"

(3) 研究発表の部屋(下線は,今回の学会あるいは現在の潮流に照らして特徴的と思われた部屋)

 ・ OED
 ・ Bilingual Lex I & II
 ・ Medieval English
 ・ HEL Workshop
 ・ Lex in South Asia
 ・ Metre and Stress
 ・ Lex in Canada
 ・ Historical Special Registers
 ・ Language Contact I & II
 ・ Phonology Workshop
 ・ Earlier Modern English
 ・ Lex. Semantics & Usage
 ・ Contact and Onomastics
 ・ Syntax & Lexis
 ・ Middle English
 ・ Literary Sources Workshop
 ・ Language Rights
 ・ Long-Term Change
 ・ Online Lexis
 ・ Varieties & Diachrony
 ・ Word-Formation
 ・ Sketch Engine Workshop
 ・ Old English
 ・ Early Phonology
 ・ Special Lexicography
 ・ Grammatical Change
 ・ Digital Resources
 ・ Caribbean Lexicography
 ・ MOOC Workshop (Corpus linguistics: Method, Analysis, Interpretation)
 ・ Lex. Aspects
 ・ Usage
 ・ History of Lexicography

(4) 学会の潮流など気づいた点

 ・ 英語史分野に限っても,ICEHL と同様に幅広いジャンルが扱われている
 ・ コーパスや電子媒体の利用に関する方法論への関心が強かった
 ・ 北米ならではの関心
    - 特定の地域変種 (Caribbean and Asian varieties)
    - カナダ英語部屋
    - 英語教育のワークショップ
    - 言語権
 ・ 他学会との共催で化学反応も?
 ・ 予想していたよりもヨーロッパからの参加者が多く,意外と国際色豊か

Referrer (Inside): [2016-09-03-1] [2015-09-10-1]

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2019-04-29 09:08

Powered by WinChalow1.0rc4 based on chalow