About 500 Most Frequently Accessed Articles in hellog as of 20180809

The number of page views is given in parentheses.
  1. #485. 語源を知るためのオンライン辞書 (164)
  2. #1021. 英語と日本語の音素の種類と数 (142)
  3. #1525. 日本語史の時代区分 (121)
  4. #2502. なぜ不定詞には to 不定詞と原形不定詞の2種類があるのか? (56)
  5. #3381. 講座「歴史から学ぶ英単語の語源」 (53)
  6. #3138. 漢字の伝来と使用の年代 (43)
  7. #1299. 英語で「みかん」のことを satsuma というのはなぜか? (40)
  8. #455. インドヨーロッパ語族の系統図(日本語版) (39)
  9. #2191. レトリックのまとめ (37)
  10. #3009. 母語話者数による世界トップ25言語(2017年版) (37)
  11. #2784. なぜアメリカでは英語が唯一の主たる言語となったのか? (35)
  12. #2017. foot の複数はなぜ feet か (2) (34)
  13. #3387. なぜ英語音韻史には母音変化が多いのか? (33)
  14. #1258. なぜ「他動詞」が "transitive verb" なのか (30)
  15. #2601. なぜ If I WERE a bird なのか? (29)
  16. #3383. to 不定詞と原形不定詞の揺れの歴史 (29)
  17. #43. なぜ go の過去形が went になるか (28)
  18. #2029. 日本の方言差別と方言コンプレックスの歴史 (26)
  19. Articles of Category "reanalysis" (26)
  20. #121. octopus の複数形 (25)
  21. #1475. 英語と言語に関する地図のサイト (25)
  22. #3384. 現代世界の代表者としての印欧語族 (25)
  23. #199. <U> はなぜ /ju:/ と発音されるか (24)
  24. #204. 非人称構文 (24)
  25. #417. 文法化とは? (24)
  26. #103. グリムの法則とは何か (23)
  27. #361. 英語語源情報ぬきだしCGI(一括版) (23)
  28. #2124. 稲荷山古墳金錯銘鉄剣 (23)
  29. #1879. 日本語におけるローマ字の歴史 (22)
  30. #3386. 英語史上の主要な子音変化 (21)
  31. #3388. 単語:語彙 = 一人:世界 (21)
  32. #2. 自己紹介 (20)
  33. #158. アメリカ英語の時代区分 (20)
  34. #182. ゲルマン語派の特徴 (20)
  35. #2447. 言語の数と文字体系の数 (20)
  36. #137. 世界の言語の基本語順 (19)
  37. #766. 言語の線状性 (19)
  38. #852. 船や国名を受ける代名詞 she (1) (19)
  39. #1504. 日本語の階層差 (19)
  40. #2104. 五十音図 (19)
  41. #3390. 日本語の i-mutation というべき母音交替 (19)
  42. #1047. nice の意味変化 (18)
  43. #3038. 古英語アルファベットは27文字 (18)
  44. Articles of Category "subjunctive" (18)
  45. #178. 動詞の規則活用化の略歴 (17)
  46. #1045. 柳田国男の方言周圏論 (17)
  47. #2600. 古英語の be 動詞の屈折 (17)
  48. #3017. industry の2つの語義,「産業」と「勤勉」 (1) (17)
  49. #1035. 列挙された人称代名詞の順序 (16)
  50. #1308. learn の「教える」の語義 (16)
  51. #1976. 会話的含意とその他の様々な含意 (16)
  52. Articles in Month 2018-07 (16)
  53. #308. 現代英語の最頻英単語リスト (15)
  54. #804. 名前動後の単語一覧 (15)
  55. #1520. なぜ受動態の「態」が voice なのか (15)
  56. #1624. 和製英語の一覧 (15)
  57. #1645. 現代日本語の語種分布 (15)
  58. #2060. 意味論の用語集にみる意味変化の分類 (15)
  59. #2979. Chibanian はラテン語? (15)
  60. #17. 注意すべき古英語の綴りと発音 (14)
  61. #31. 現代英語の子音の音素 (14)
  62. #173. ENL, ESL, EFL の話者人口 (14)
  63. #196. 現代英語の人称代名詞体系 (14)
  64. #205. 大母音推移 (14)
  65. #325. mandative subjunctiveshould (14)
  66. #700. 語,形態素,接辞,語根,語幹,複合語,基体 (14)
  67. #1093. 英語に関する素朴な疑問を募集 (14)
  68. #1885. AAVE の文法的特徴と起源を巡る問題 (14)
  69. #2476. 英語史において動詞の命令法と接続法が形態的・機能的に融合した件 (14)
  70. #2511. 動詞の目的語として不定詞を取るか,動名詞を取るか (1) (14)
  71. #2885. なぜ「前置詞+関係代名詞 that」がダメなのか (1) (14)
  72. #3010. 「言語の植民地化に日本ほど無自覚な国はない」 (14)
  73. #146. child の複数形が children なわけ (13)
  74. #696. Log-Likelihood Test (13)
  75. #857. ゲルマン語族の最大の特徴 (13)
  76. #1023. 日本語の拍の種類と数 (13)
  77. #1122. 協調の原理 (13)
  78. #1284. 短母音+子音の場合には子音字を重ねた上で -ing を付加するという綴字規則 (13)
  79. #1327. ヒトの言語に共通する7つの性質 (13)
  80. #1558. ギネスブック公認,子音と母音の数の世界一 (13)
  81. #2491. フランス語にみられる20進法の起源説 (13)
  82. #2835. 構造主義,生成文法,認知言語学の3角形 (13)
  83. Articles of Category "auxiliary_verb" (13)
  84. #108. 逆成の例をもっと (12)
  85. #159. 島国であって島国でないイギリス (12)
  86. #183. flowerflour (12)
  87. #335. 日本語語彙の三層構造 (12)
  88. #505. silly の意味変化 (12)
  89. #1090. 言語の余剰性 (12)
  90. #1369. フィシャク版,英語史略年表 (12)
  91. #1629. 和製漢語 (12)
  92. #1737. アメリカ州名の由来 (12)
  93. #1854. 無変化活用の動詞 set -- set -- set, etc. (12)
  94. #2112. なぜ3単現の -s がつくのか? (12)
  95. #2399. 象形文字の年表 (12)
  96. #2771. by and large (12)
  97. #3118. (無)文字社会と歴史叙述 (12)
  98. Articles of Category "infinitive" (12)
  99. #11. 「虹」の比較語源学 (11)
  100. #102. hundredグリムの法則 (11)
  101. #1108. 言語記号の恣意性,有縁性,無縁性 (11)
  102. #1146. インドヨーロッパ語族の系統図(Fortson版) (11)
  103. #1441. JACET 8000 等のベース辞書による語彙レベル分析ツール (11)
  104. #1546. 言語の分布と宗教の分布 (11)
  105. #1657. アメリカの英語公用語化運動 (11)
  106. #1662. 手話は言語である (1) (11)
  107. #2095. 主観化と間主観化 (11)
  108. #2361. アイルランド歴史年表 (11)
  109. #2386. 日本語の文字史(古代編) (11)
  110. #2475. 命令にはなぜ動詞の原形が用いられるのか (11)
  111. #2618. 文字をもたない言語の数は? (2) (11)
  112. #2747. Reichenbach の時制・相の理論 (11)
  113. #3357. 日本語語彙の三層構造 (2) (11)
  114. #3389. 沖森卓也『日本語史大全』の目次 (11)
  115. #104. hundredヴェルネルの法則 (10)
  116. #124. 受験英語の文法問題の起源 (10)
  117. #148. フラマン語とオランダ語 (10)
  118. #188. 名前動後の起源 (10)
  119. #647. million 以上の大きな単位 (10)
  120. #971. 「help + 原形不定詞」の起源 (10)
  121. #2454. 文字体系と表記体系 (10)
  122. #2518. 子音字の黙字 (10)
  123. #2921. ジェスチャーの分類 (10)
  124. #3305. なぜ can の否定形は cannot と1語で綴られるのか? (10)
  125. #3385. 中英語に弱強移行した動詞 (10)
  126. #122. /kn/ で始まる単語 (9)
  127. #154. 古英語の決定詞 se の屈折 (9)
  128. #218. 篋????茲???? (9)
  129. #301. 誤用とされる英語の語法 Top 10 (9)
  130. #345. "mandative subjunctive" を取り得る語のリスト (9)
  131. #452. イングランド英語の諸方言における r (9)
  132. #486. 迂言的 do の発達 (9)
  133. #747. 記述規範 (9)
  134. #1080. なぜ five の序数詞は fifth なのか? (9)
  135. #1357. lexeme (語彙素)とは何か? (9)
  136. #1617. 日本語における外来語の氾濫 (9)
  137. #1834. 文字史年表 (9)
  138. #1931. 非概念的意味 (9)
  139. #2057. 中世フランス語と英語における語源的綴字の関係 (2) (9)
  140. #2387. 日本語の文字史(近代編) (9)
  141. #2551. 概念メタファーの例をいくつか追加 (9)
  142. #2674. 明示的遂行文の3つの特徴 (9)
  143. #3314. 英語史における「言文一致運動」 (9)
  144. #3342. 講座「歴史から学ぶ英単語の語源」のお知らせ (9)
  145. Articles in Month 2018-08 (9)
  146. Articles of Category "perfect" (9)
  147. #26. 古英語の名詞屈折(2) (8)
  148. #29. thumbfinger (8)
  149. #41. 言語と文字の歴史は浅い (8)
  150. #42. 古英語には過去形の語幹が二種類あった (8)
  151. #58. 助動詞の現在形と過去形 (8)
  152. #176. アメリカで借用されたヨーロッパ語の語彙 (8)
  153. #200. アクセントの位置の戦い --- ゲルマン系かロマンス系か (8)
  154. #214. 不安定な子音 /h/ (8)
  155. #249. 2009年度後期の英語史レポートで人気のあった話題 (8)
  156. #305. -ise か -ize (8)
  157. #473. 意味変化の典型的なパターン (8)
  158. #480. fatherヴェルネルの法則 (8)
  159. #522. 形態論による言語類型 (8)
  160. #810. -ly 副詞の連続は cacophonous か (8)
  161. #853. 船や国名を受ける代名詞 she (2) (8)
  162. #970. Money makes the mare to go. (8)
  163. #1062. 言語の二重分節は本当にあるか (8)
  164. #1076. ソシュールが共時態を通時態に優先させた3つの理由 (8)
  165. #1134. 協調の原理が破られるとき (8)
  166. #1257. なぜ「対格」が "accusative case" なのか (8)
  167. #1420. Johnson's Dictionary の特徴と概要 (8)
  168. #1481. カンナダ語にみる社会方言差と地域方言差の逆ピラミッド (8)
  169. #1704. a great many years (8)
  170. #1741. 言語政策としての罰札制度 (1) (8)
  171. #2044. なぜ mayn't が使われないのか? (1) (8)
  172. #2047. ノルマン征服の英語史上の意義 (8)
  173. #2200. なぜ *haves, *haved ではなく has, had なのか (8)
  174. #2371. ポルトガル史年表 (8)
  175. #2421. 現在分詞と動名詞の協働的発達 (8)
  176. #2444. something good の語順 (8)
  177. #2665. 発話行為の適切性条件 (8)
  178. #2723. 前置詞 on における n の脱落 (8)
  179. #2840. 人類の脳容量の変化 (8)
  180. #2848. 「若者は1字下げない」 (8)
  181. #2924. 「カステラ」の語源 (8)
  182. #2933. 紙の歴史年表 (8)
  183. Articles of Category "do-periphrasis" (8)
  184. Articles of Category "hel_essay" (8)
  185. Articles of Category "participle" (8)
  186. Articles of Category "quiz" (8)
  187. #50. インドヨーロッパ語族の系統図をお遊びで (7)
  188. #51. 「5W1H」ならぬ「6H」 (7)
  189. #62. なぜ綴りと発音は乖離してゆくのか (7)
  190. #81. oncetwice の -ce とは何か (7)
  191. #112. フランス・ラテン借用語と仮定法現在 (7)
  192. #127. deer, beast, and animal (7)
  193. #151. 現代英語の5特徴 (7)
  194. #180. 古英語の人称代名詞の非対称性 (7)
  195. #423. アルファベットの歴史 (7)
  196. #583. ドイツ語式の名詞語頭の大文字使用は英語にもあった (7)
  197. #637. クルガン文化印欧祖語 (7)
  198. #643. 独立した音節として発音される -ed 語尾をもつ過去分詞形容詞 (7)
  199. #957. many more people (7)
  200. #1071. Jakobson による言語の6つの機能 (7)
  201. #1247. 標準英語は言語類型論的にありそうにない変種である (7)
  202. #1309. 大文字と小文字 (7)
  203. #1402. 英語が千年間,母音を強化し子音を弱化してきた理由 (7)
  204. #1601. 英語と日本語の母音の位置比較 (7)
  205. #1724. Skeat による2重語一覧 (7)
  206. #1736. イギリス州名の由来 (7)
  207. #1877. 動詞を作る接頭辞 en- と接尾辞 -en (7)
  208. #1915. 日本語における「女性語」 (2) (7)
  209. #1923. only の意味の but (7)
  210. #2490. 完了構文「have + 過去分詞」の起源と発達 (7)
  211. #2708. morn, morning, morrow, tomorrow (7)
  212. #2795. 「意味=指示対象」説の問題点 (7)
  213. #2814. 母音連続回避と声門閉鎖音 (7)
  214. #2874. 淘汰圧 (7)
  215. #2877. 紀元前3000年以降の寒冷化と民族移動 (2) (7)
  216. #2954. ジャガイモの呼び名いろいろ (7)
  217. #3067. 宗教改革略年表 (7)
  218. #3301. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (4) (7)
  219. Articles in Month 2009-05-01 (6)
  220. #25. 古英語の名詞屈折(1) (6)
  221. #34. thumb の綴りと発音 (6)
  222. #37. ブリテン島へ侵入した5民族の言語とその英語への影響 (6)
  223. #46. 借用はなぜ起こるか (6)
  224. #47. 所有格か目的格か:myselfhimself (6)
  225. #68. first は何の最上級か (6)
  226. #73. 「天の川」の比較語源学 (6)
  227. #86. one の発音 (6)
  228. #115. 男の人魚はいないのか? (6)
  229. #116. 語源かぶれの綴り字 --- etymological respelling (6)
  230. #132. 古英語から中英語への語順の発達過程 (6)
  231. #179. personparson (6)
  232. #187. 第1音節にアクセントのない古英語の単語 (6)
  233. #209. near の正体 (6)
  234. #351. 英語史のイントロクイズ(2010年度版)とその解答 (6)
  235. #406. Labov の New York City /r/ (6)
  236. #626. 「フランス語は論理的な言語である」という神話 (6)
  237. #719. plagiarism (6)
  238. #748. 話し言葉書き言葉 (6)
  239. #819. his 属格 (6)
  240. #947. 現代英語の前置詞一覧 (6)
  241. #1006. ルーン文字の変種 (6)
  242. #1025. 共時態と通時態の関係 (6)
  243. #1028. なぜ国名が女性とみなされてきたのか (6)
  244. #1040. 通時的変化と共時的変異 (6)
  245. #1112. 分かち書き (1) (6)
  246. #1271. 日本語の唇音退化とその原因 (6)
  247. #1283. 共起性の計算法 (6)
  248. #1337. 「一単語文化論に要注意」 (6)
  249. #1339. インドヨーロッパ語族の系統図(上下反転版) (6)
  250. #1345. read -- read -- read の活用 (6)
  251. #1359. 地域変異と社会変異 (6)
  252. #1417. 群属格の発達 (6)
  253. #1800. 様々な反対語 (6)
  254. #1904. 形容詞の no と副詞の no は異なる語源 (6)
  255. #1918. sharpflat (6)
  256. #1963. 構文文法 (6)
  257. #2009. 言語学における接触干渉2言語使用借用 (6)
  258. #2119. 社会言語学と語用論の接点 (6)
  259. Articles in Month 2015-06-11 (6)
  260. #2296. flute の語源について (6)
  261. #2297. 英語 flow とラテン語 fluere (6)
  262. #2317. 英語における未来時制の発達 (6)
  263. #2329. 中英語の借用元言語 (6)
  264. #2414. 文字史年表(ロビンソン版) (6)
  265. #2445. ボアズによる言語の無意識性と恣意性 (6)
  266. #2539. 「見えざる手」による言語変化の説明 (6)
  267. #2599. 人名 Rose は薔薇ならぬ馬? (6)
  268. #2775. マリー・アントワネットの用いた暗号 (1) (6)
  269. #2822. cross-linguistic influence (6)
  270. #2895. 古英語聖書より「岩の上に家を建てる」 (6)
  271. #3006. 古英語の辞書 (6)
  272. #3042. 後期近代英語期に接続法の使用が増加した理由 (6)
  273. #3051. 「less + 複数名詞」はダメ? (6)
  274. #3079. 拙訳『スペリングの英語史』が出版されました (6)
  275. #3248. 日本十進分類法 (NDC) 10版 (6)
  276. #3379. 大母音推移は複数の音韻変化の集合体か? (1) (6)
  277. Articles of Category "ipa" (6)
  278. Articles of Category "phrasal_verb" (6)
  279. Articles of Category "silent_letter" (6)
  280. #19. 母音四辺形 (5)
  281. #27. 異分析の例を集めるにはどうすればよいか? (5)
  282. #40. 接尾辞 -ly は副詞語尾か? (5)
  283. #53. 後期中英語期の through の綴りは515通り (5)
  284. #59. 英語史における古ノルド語の意義を教わった! (5)
  285. #83. 「ビバーク」と英語史 (5)
  286. #89. one の発音は訛った発音 (5)
  287. #91. なぜ一人称単数代名詞 I は大文字で書くか (5)
  288. #110. 現代英語の借用語の起源と割合 (5)
  289. #113. 言語は世界を写し出す --- iconicity (5)
  290. #141. 18世紀の規範は理性か慣用か (5)
  291. #150. アメリカ英語へのドイツ語の貢献 (5)
  292. #169. getgive はなぜ /g/ 音をもっているのか (5)
  293. #172. 呼びかけ語としての Mr, *Mrs, Miss (5)
  294. #177. ENL, ESL, EFL の地域のリスト (5)
  295. #194. shadowshade (5)
  296. #326. The subjunctive forms die hard. (5)
  297. #356. 動物を表すラテン語形容詞 (5)
  298. #373. <u> と <v> の分化 (1) (5)
  299. #398. 印欧語族は世界人口の半分近くを占める (5)
  300. #403. 流れに逆らっている比較級形成の歴史 (5)
  301. #645. 死語と廃語 (5)
  302. #648. 古英語の語彙と廃語 (5)
  303. #813. 英語の人名の歴史 (5)
  304. #918. sow, swine, hog, pig の語源 (5)
  305. #1072. 英語は言語として特にすぐれているわけではない (5)
  306. #1135. 印欧祖語の文法性の起源 (5)
  307. #1161. 英語と日本語における語彙の音節数別割合 (5)
  308. #1204. 12世紀のイングランド王たちの「英語力」 (5)
  309. #1290. 黙字と黙字をもたらした音韻消失等の一覧 (5)
  310. #1510. scale (鱗)の語源と sc- (5)
  311. #1646. 発話行為の比較文化 (5)
  312. #1647. 言語における韻律的特徴の種類と機能 (5)
  313. #1652. 第2言語習得でいう "communicative competence" (5)
  314. #1686. 言語学的意味論の略史 (5)
  315. #1796. 言語には構造的写像性がない (5)
  316. #1839. 言語の単純化とは何か (5)
  317. #1929. 言語学の立場から規範主義的言語観をどう見るべきか (5)
  318. #2183. 英単語とフランス単語の相違 (1) (5)
  319. #2261. イギリスからアメリカへの移民の出身地 (1) (5)
  320. #2289. 命令文に主語が現われない件 (5)
  321. #2318. 英語史における他動詞の増加 (5)
  322. #2324. n-gram (5)
  323. #2333. a lot of (5)
  324. #2341. 表意文字と表語文字 (5)
  325. #2351. フランス語からの句動詞の借用 (5)
  326. #2355. フランス語の語彙以外への影響 --- 句,綴字,派生形態論,強勢 (5)
  327. #2392. 厳しい正書法の英語と緩い正書法の日本語 (5)
  328. #2405. 綴字と発音の乖離 --- 英語綴字の不規則性の種類と歴史的要因の整理 (5)
  329. #2623. 非人称構文の人称化 (5)
  330. #2811. 部分語と全体語 (5)
  331. #2893. Beowulf の冒頭11行 (5)
  332. #2967. 14世紀ヨーロッパの言語多様性の認識 (5)
  333. #3170. 現代日本語の語種分布 (2) (5)
  334. #3226. イギリス文学関連略年表 (5)
  335. #3299. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (2) (5)
  336. #3309. なぜ input は *imput と綴らないのか? (5)
  337. #3378. 音声的偏りを生み出す4要因 (5)
  338. Articles of Category "family_tree" (5)
  339. Articles of Category "french" (5)
  340. Articles of Category "french" (5)
  341. Articles of Category "isochrony" (5)
  342. Articles of Category "japanese" (5)
  343. Articles of Category "link" (5)
  344. Articles of Category "palatalisation" (5)
  345. Articles of Category "phonology" (5)
  346. Articles of Category "relative_pronoun" (5)
  347. Articles of Category "tense" (5)
  348. Articles of Category "verb" (5)
  349. #24. なぜ英語史を学ぶか (4)
  350. #38. 「たそがれ」の比較語源学 (4)
  351. #55. through の語源 (4)
  352. #57. 過去形が欠けている助動詞 (4)
  353. #67. 序数詞における補充法 (4)
  354. #69. second の世界の広がり (4)
  355. #70. second には「秒」の意味もある (4)
  356. #72. /r/ と /l/ は間違えて当然!? (4)
  357. #84. once, twice, thrice (4)
  358. #97. 借用接尾辞「チック」 (4)
  359. #105. 日本語に入った「チック」語 (4)
  360. #129. Albion --- Great Britain の雅名 (4)
  361. #130. 中英語の方言区分 (4)
  362. #145. childchildren の母音の長さ (4)
  363. #168. <c> と <g> の音価 (4)
  364. #208. 産業革命・農業革命と英語史 (4)
  365. #247. 「ウィメンズ」と female (4)
  366. #310. PPCMBE で広がる英語統語論の通時研究 (4)
  367. #315. イギリス英語はアメリカ英語に比べて保守的か (4)
  368. Articles in Month 2010-03 (4)
  369. #347. 英単語の平均音節数はどのくらいか? (4)
  370. #352. ラテン語 /s/ とギリシャ語 /h/ の対応 (4)
  371. #397. 母語話者数による世界トップ25言語 (4)
  372. #405. Second Germanic Consonant Shift (4)
  373. #412. カメルーンの英語事情 (4)
  374. #416. Second Germanic Consonant Shift はなぜ起こったか (4)
  375. #439. come -- came -- come なのに welcome -- welcomed -- welcomed なのはなぜか (4)
  376. #450. 現代英語に受け継がれた古英語の語彙はどのくらいあるか (4)
  377. #457. アメリカ英語の方言区分( Kurath 版) (4)
  378. #468. アメリカ語を作ろうとした Webster (4)
  379. #547. <oo> の綴字に対応する3種類の発音 (4)
  380. #551. 有標・無標と不規則・規則 (4)
  381. #562. busy の綴字と発音 (4)
  382. #564. Many a little makes a mickle (4)
  383. #579. aisle --- なぜこの綴字と発音か (4)
  384. #683. semantic prosody と性悪説 (4)
  385. #712. 独立した音節として発音される -ed 語尾をもつ過去分詞形容詞 (2) (4)
  386. #752. 他動詞と自動詞の特殊な過去分詞形容詞 (4)
  387. #756. 世界からの借用語 (4)
  388. #786. 前接語後接語 (4)
  389. #796. 中英語に脚韻が導入された言語的要因 (4)
  390. #803. 名前動後の通時的拡大 (4)
  391. #854. 船や国名を受ける代名詞 she (3) (4)
  392. #896. Kodak の由来 (4)
  393. #901. 借用の分類 (4)
  394. #994. syntagmatic relation と paradigmatic relation (4)
  395. #1038. thenthan (4)
  396. #1070. Jakobson による言語行動に不可欠な6つの構成要素 (4)
  397. #1107. farther and further (4)
  398. #1109. 意味変化の原因の分類 (4)
  399. #1192. 初期近代英語という時代区分 (4)
  400. #1371. New York City における non-prevocalic /r/ の文体的変異の調査 (4)
  401. #1401. hellog で最も多くアクセスされている記事 (4)
  402. #1442. (英語)社会言語学に関する素朴な疑問を募集 (4)
  403. #1529. なぜ女性は言語的に保守的なのか (3) (4)
  404. #1548. アルタイ語族 (4)
  405. #1556. U or non-U (4)
  406. #1563. 音節構造 (4)
  407. #1569. 語彙拡散のS字曲線への批判 (2) (4)
  408. #1595. 消えゆく満州語 (4)
  409. #1597. starstella (4)
  410. #1628. なぜ code-switching が生じるか? (4)
  411. #1635. -sion と -tion (4)
  412. #1667. フランス語の影響による形容詞の後置修飾 (1) (4)
  413. #1670. 法助動詞の発達と V-to-I movement (4)
  414. #1682. Young as he is, he is rich. の構文 (4)
  415. #1693. 規則的な音韻変化と不規則的な形態変化 (4)
  416. #1713. 中米の英語圏,Bay Islands (4)
  417. #1778. 借用語研究の to-do list (4)
  418. #1784. 沖縄の方言札 (4)
  419. #1803. Lord's Prayer (4)
  420. #1840. スペイン語ベースのクレオール語が極端に少ないのはなぜか (4)
  421. #1908. 女性を表わす語の意味の悪化 (1) (4)
  422. #1957. 伝統的意味論と認知意味論における概念 (4)
  423. #2071. <dispatch> vs <despatch> (4)
  424. #2105. 英語アルファベットの配列 (4)
  425. #2144. 冠詞の発達と機能範疇の創発 (4)
  426. #2160. 音韻法則の2種類の一般化 (4)
  427. #2169. 日本語における「女性語」 (3) (4)
  428. #2189. 時・条件の副詞節における will の不使用 (4)
  429. #2259 英語の語強勢に関する一般原則4点 (4)
  430. #2269. 受動態の動作主に用いられた byof の競合 (4)
  431. #2290. 形容詞屈折と長母音の短化 (4)
  432. #2310. 3単現のゼロ (4)
  433. #2346. more, most を用いた句比較の発達 (4)
  434. #2370. ポルトガル語からの語彙借用 (4)
  435. #2467. ルサンチマン, ressentiment, resentment (4)
  436. #2512. 動詞の目的語として不定詞を取るか,動名詞を取るか (2) (4)
  437. #2575. 言語変化の一方向性 (4)
  438. #2638. 接頭辞 dis- (4)
  439. #2687. 言語音の周波数と音圧レベル (4)
  440. #2699. 暗号学と言語学 (4)
  441. #2718. 認知言語学の3つの前提 (4)
  442. #2809. 英語の音位転換は直接隣り合う2音に限られる (4)
  443. #2810. 日本語の音位転換も子音の交替だった (4)
  444. #2856. 世界の諸言語における冠詞の分布 (2) (4)
  445. #2878. comfortm の発音 (4)
  446. #2886. なぜ「前置詞+関係代名詞 that」がダメなのか (2) (4)
  447. #2888. 文字史におけるフェニキア文字の重要性 (4)
  448. #2960. 歴史研究における時代区分の意義 (4)
  449. #3028. She is believed to have done it. の構文と古英語モーダル sceolde の関係 (4)
  450. #3104. なぜ「ninth(ナインス)に e はないんす」かね? (4)
  451. #3117. EEBO corpus がリリース (4)
  452. #3188. ミームとしての言語 (1) (4)
  453. #3291. 11の公用語をもつ南アフリカ共和国 (4)
  454. #3319. Handsome is as handsome does (4)
  455. #3361. 「名前動後」の出現は英語形態論史における小さな逆流 (4)
  456. Articles of Category "alliteration" (4)
  457. Articles of Category "arbitrariness" (4)
  458. Articles of Category "back_formation" (4)
  459. Articles of Category "capitalisation" (4)
  460. Articles of Category "case" (4)
  461. Articles of Category "comparison" (4)
  462. Articles of Category "consonant" (4)
  463. Articles of Category "flemish" (4)
  464. Articles of Category "geography" (4)
  465. Articles of Category "gvs" (4)
  466. Articles of Category "hapax_legomenon" (4)
  467. Articles of Category "history" (4)
  468. Articles of Category "hyponymy" (4)
  469. Articles of Category "kenning" (4)
  470. Articles of Category "n-gram" (4)
  471. Articles of Category "reduplication" (4)
  472. Articles of Category "rhotacism" (4)
  473. Articles of Category "t/v_distinction" (4)
  474. #9. ゴート語(Gothic)と英語史 (3)
  475. #21. 古英語の文法などをオンラインで学習できるサイト (3)
  476. #28. 古英語に自然性はなかったか? (3)
  477. #45. 英語語彙にまつわる数値 (3)
  478. #48. 国際的に英語が使用される主要な分野 (3)
  479. #52. 複数形の「ズ」は日本語の一部か? (3)
  480. #71. まだまだある sequi の派生語 (3)
  481. #77. 動詞の活用表を生成してくれる「Verbix」 (3)
  482. #96. 英語とフランス語の素材を活かした 混種語 ( hybrid ) (3)
  483. #117. フランス借用語の年代別分布 (3)
  484. #118. 母音四辺形ならぬ母音六面体 (3)
  485. #123. 同化 --- 生理と怠惰による言語変化 (3)
  486. #125. 投票と風船 (3)
  487. #128. deer の「動物」の意味はいつまで残っていたか (3)
  488. #156. 古英語の se の品詞は何か (3)
  489. #157. foot の複数はなぜ feet (3)
  490. #171. guesthost (2) (3)
  491. #190. 品詞転換 (3)
  492. #193. 15世紀 Chancery Standard の through の異綴りは14通り (3)
  493. #201. 現代英語の借用語の起源と割合 (2) (3)
  494. #202. 現代英語の基本語彙600語の起源と割合 (3)