About 500 Most Frequently Accessed Articles in hellog as of 20210531

The number of page views is given in parentheses.
  1. #1021. 英語と日本語の音素の種類と数 (1815)
  2. #1525. 日本語史の時代区分 (1599)
  3. #485. 語源を知るためのオンライン辞書 (1510)
  4. #3796. ゲルマン人の移動とケルト人の移動 (1319)
  5. #3717. 音声学と音韻論はどう違うのですか? (1077)
  6. #2191. レトリックのまとめ (1019)
  7. #4044. なぜ活字体とブロック体の小文字 <a> の字形は違うのですか? (970)
  8. #1045. 柳田国男の方言周圏論 (920)
  9. #4188. なぜ sheep の複数形は sheep なのですか? --- hellog ラジオ版 (755)
  10. #3747. ケルト人とは何者か (718)
  11. #647. million 以上の大きな単位 (687)
  12. #43. なぜ go の過去形が went になるか (599)
  13. #4272. 世界に言語はいくつあるのですか? --- hellog ラジオ版 (592)
  14. #3427. 訓令式・日本式・ヘボン式のローマ字つづり対照表 (552)
  15. #2840. 人類の脳容量の変化 (536)
  16. #4155. シネクドキー(提喩)とメトニミー(換喩) (529)
  17. #455. インドヨーロッパ語族の系統図(日本語版) (468)
  18. #3479. 『図説 イギリスの王室』の年表 (454)
  19. #2104. 五十音図 (452)
  20. #159. 島国であって島国でないイギリス (433)
  21. #3478. 『図説イギリスの歴史』の年表 (396)
  22. #3834. 『図説フランスの歴史』の年表 (374)
  23. #17. 注意すべき古英語の綴りと発音 (370)
  24. #4389. 英語に関する素朴な疑問を2685件集めました (354)
  25. #766. 言語の線状性 (346)
  26. #4253. 「対照言語学」と「比較言語学」は似て非なる分野 (325)
  27. #1258. なぜ「他動詞」が "transitive verb" なのか (323)
  28. #4017. なぜ前置詞の後では人称代名詞は目的格を取るのですか? (318)
  29. #4195. なぜ船や国名は女性代名詞 she で受けられることがあるのですか? --- hellog ラジオ版 (314)
  30. #3485. 「神代文字」を否定する根拠 (312)
  31. #3979. 古英語期に文証される古ノルド語からの借用語のサンプル (312)
  32. #103. グリムの法則とは何か (311)
  33. #3038. 古英語アルファベットは27文字 (305)
  34. #2189. 時・条件の副詞節における will の不使用 (300)
  35. #137. 世界の言語の基本語順 (293)
  36. #3850. 英語の動物の鳴き声 (293)
  37. #2. 自己紹介 (292)
  38. #1122. 協調の原理 (292)
  39. #2625. 古ノルド語からの借用語の日常性 (285)
  40. #25. 古英語の名詞屈折(1) (283)
  41. #3009. 母語話者数による世界トップ25言語(2017年版) (272)
  42. #3611. なぜ He is to blame.He is to be blamed. とならないのか? (265)
  43. #2124. 稲荷山古墳金錯銘鉄剣 (258)
  44. #3845. 講座「英語の歴史と語源」の第5回「キリスト教の伝来」を終えました (257)
  45. #4199. なぜ last には「最後の」と「継続する」の意味があるのですか? --- hellog ラジオ版 (254)
  46. #37. ブリテン島へ侵入した5民族の言語とその英語への影響 (251)
  47. #4069. なぜ live の発音は動詞では「リヴ」,形容詞だと「ライヴ」なのですか? (249)
  48. #2784. なぜアメリカでは英語が唯一の主たる言語となったのか? (248)
  49. #4360. 英単語の語源を調べたい/学びたいときには (245)
  50. #4042. anti- は「アンティ」か「アンタイ」か --- 英語史掲示板での質問 (244)
  51. #3500. 世界史資料集の「古代文字の解読」 (240)
  52. #4407. 人力車,jinrikisharickshaw (238)
  53. #1504. 日本語の階層差 (236)
  54. #3102. 「キリスト教伝来と英語」のまとめスライド (233)
  55. #1876. 言霊信仰 (231)
  56. #1879. 日本語におけるローマ字の歴史 (231)
  57. #1558. ギネスブック公認,子音と母音の数の世界一 (226)
  58. #2721. 接頭辞 de- (226)
  59. #32. 古英語期に借用されたラテン語 (225)
  60. #2891. フランス語 bleu に対して英語 blue なのはなぜか (225)
  61. #3648. なんで *He cans swim. のように助動詞には3単現の -s がつかないのですか? (225)
  62. #2212. 固有名詞はシニフィエなきシニフィアンである (221)
  63. #3576. 黒人英語 (= AAVE) の言語的特徴 --- 発音 (220)
  64. #1299. 英語で「みかん」のことを satsuma というのはなぜか? (215)
  65. #3107. 「ノルマン征服と英語」のまとめスライド (214)
  66. #3668. なぜ大文字と小文字の字形で異なるものがあるのですか? (213)
  67. #2502. なぜ不定詞には to 不定詞と原形不定詞の2種類があるのか? (212)
  68. #20. 接尾辞-dom をもつ名詞 (206)
  69. #423. アルファベットの歴史 (205)
  70. #3677. 英語に関する「素朴な疑問」を集めてみました (204)
  71. #3600. 比較言語学は技芸の域を出ておらず科学ではない? (203)
  72. #60. 音位転換 ( metathesis ) (202)
  73. #4186. なぜ Are you a student? に対して *Yes, I'm. ではダメなのですか? (202)
  74. #4344. -in' は -ing の省略形ではない (199)
  75. #700. 語,形態素,接辞,語根,語幹,複合語,基体 (198)
  76. #1629. 和製漢語 (197)
  77. #3606. 講座「北欧ヴァイキングと英語」 (197)
  78. #1076. ソシュールが共時態を通時態に優先させた3つの理由 (192)
  79. #1976. 会話的含意とその他の様々な含意 (192)
  80. Articles of Category "i-mutation" (188)
  81. #4039. 言語における性とはフェチである (185)
  82. #2908. キリスト教主要9教派の名称の由来 (183)
  83. #4201. 手紙の書き出しの Dear my friend (183)
  84. #2213. ソシュールの記号,シニフィエ,シニフィアン (182)
  85. #3588. -o で終わる名詞の複数形語尾 --- pianospotatoes か? (178)
  86. #3113. アングロサクソン人は本当にイングランドを素早く征服したのか? (177)
  87. #2618. 文字をもたない言語の数は? (2) (174)
  88. #3066. 宗教改革と識字率 (174)
  89. #3852. なぜ「新橋」(しんばし)のローマ字表記 Shimbashi には n ではなく m が用いられるのですか? (1) (174)
  90. Articles of Category "silent_letter" (173)
  91. #4398. -ing の英語史 (172)
  92. #361. 英語語源情報ぬきだしCGI(一括版) (171)
  93. #472. kenning (171)
  94. #3017. industry の2つの語義,「産業」と「勤勉」 (1) (171)
  95. #3770. 人間の言語の特徴,8点 (171)
  96. #4403. 『中高生の基礎英語 in English』の連載第3回「なぜ go の過去形は went になるの?」 (171)
  97. #3719. 日本語は開音節言語,英語は閉音節言語 (166)
  98. #4380. 英語のルーツはラテン語でもドイツ語でもない (166)
  99. #2885. なぜ「前置詞+関係代名詞 that」がダメなのか (1) (164)
  100. #2162. OED によるフランス語・ラテン語からの借用語の推移 (163)
  101. #3531. 講座「中世の英語 チョーサー『カンタベリ物語』」のお知らせ (163)
  102. #308. 現代英語の最頻英単語リスト (162)
  103. #2809. 英語の音位転換は直接隣り合う2音に限られる (162)
  104. #2921. ジェスチャーの分類 (161)
  105. #3941. なぜ hour, honour, honest, heir では h が発音されないのですか? (161)
  106. #154. 古英語の決定詞 se の屈折 (160)
  107. #3591. ネアンデルタール人は言葉を話したか? (160)
  108. #4387. なぜ名詞(句)が副詞的に用いられることがあるのですか? (160)
  109. #4060. なぜ「精神」を意味する spirit が「蒸留酒」をも意味するのか? (159)
  110. #205. 大母音推移 (158)
  111. #1047. nice の意味変化 (158)
  112. #3138. 漢字の伝来と使用の年代 (158)
  113. #51. 「5W1H」ならぬ「6H」 (157)
  114. #2960. 歴史研究における時代区分の意義 (157)
  115. #406. Labov の New York City /r/ (155)
  116. #3298. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (1) (155)
  117. Articles of Category "aave" (154)
  118. #2297. 英語 flow とラテン語 fluere (150)
  119. #47. 所有格か目的格か:myselfhimself (149)
  120. #3925. 電子メールの返信で用いる引用の ">" は,実は中世の句読記号 (149)
  121. #3276. Churchill の We Shall Fight on the Beaches 演説 (148)
  122. #3575. イギリスの貨幣制度の略史 (148)
  123. #3831. なぜ英語には冠詞があるのですか? (148)
  124. #4233. なぜ quite a few が「かなりの,相当数の」の意味になるのか? (148)
  125. #4394. 「疑いの2」の英語史 (148)
  126. #2810. 日本語の音位転換も子音の交替だった (147)
  127. #182. ゲルマン語派の特徴 (146)
  128. #1548. アルタイ語族 (146)
  129. #747. 記述規範 (142)
  130. #1601. 英語と日本語の母音の位置比較 (142)
  131. #2105. 英語アルファベットの配列 (142)
  132. #2933. 紙の歴史年表 (142)
  133. #3833. 講座「英語の歴史と語源」の第5回「キリスト教の伝来」のご案内 (142)
  134. #1035. 列挙された人称代名詞の順序 (141)
  135. #2454. 文字体系と表記体系 (141)
  136. #1524. 英語史の時代区分 (140)
  137. #11. 「虹」の比較語源学 (139)
  138. #2042. 方言周圏論の反対 (139)
  139. Articles of Category "assimilation" (137)
  140. #2814. 母音連続回避と声門閉鎖音 (136)
  141. #3735. 印欧語族諸族の大移動 (136)
  142. #180. 古英語の人称代名詞の非対称性 (135)
  143. #845. 現代英語の語彙の起源と割合 (135)
  144. #4071. 意外や意外 able と -able は別語源 (135)
  145. #1682. Young as he is, he is rich. の構文 (134)
  146. #2485. 文字と宗教 (134)
  147. #3290. アフリカの公用語事情 (134)
  148. #1834. 文字史年表 (133)
  149. #3170. 現代日本語の語種分布 (2) (133)
  150. #4414. なぜ複数形語尾に -es を取る名詞があるのですか? (133)
  151. #2029. 日本の方言差別と方言コンプレックスの歴史 (132)
  152. #173. ENL, ESL, EFL の話者人口 (130)
  153. #3977. 講座「英語の歴史と語源」の第6回「ヴァイキングの侵攻」のご案内 (130)
  154. #2447. 言語の数と文字体系の数 (129)
  155. #1108. 言語記号の恣意性,有縁性,無縁性 (128)
  156. #101. 比較言語学のロマン --- Tocharian と Anatolian (127)
  157. #4026. なぜ JapaneseChinese などは単複同形なのですか? (3) (126)
  158. #209. near の正体 (125)
  159. #296. 外来宗教が英語と日本語に与えた言語的影響 (125)
  160. #1476. Fennell による言語変化の原因 (125)
  161. Articles of Category "subjunctive" (125)
  162. #783. 副詞 home は名詞の副詞的対格から (124)
  163. #2568. dead metaphor (1) (124)
  164. #3714. 活字体(ブロック体)と筆記体 (124)
  165. #270. 世界の言語の数はなぜ正確に把握できないか (123)
  166. #473. 意味変化の典型的なパターン (123)
  167. #178. 動詞の規則活用化の略歴 (122)
  168. #3104. なぜ「ninth(ナインス)に e はないんす」かね? (122)
  169. #804. 名前動後の単語一覧 (121)
  170. #1657. アメリカの英語公用語化運動 (121)
  171. #2874. 淘汰圧 (120)
  172. #26. 古英語の名詞屈折(2) (119)
  173. #109. 比較言語学のロマン --- Tocharian (2) (119)
  174. #3382. 神様を「大日」,マリアを「観音」,パライソを「極楽」と訳したアンジロー (119)
  175. Articles of Category "chaucer" (119)
  176. #29. thumbfinger (118)
  177. #31. 現代英語の子音の音素 (118)
  178. #158. アメリカ英語の時代区分 (118)
  179. #3293. 古英語の名詞の性の例 (117)
  180. #1546. 言語の分布と宗教の分布 (115)
  181. #3484. 英詩の形式の変遷 (115)
  182. #204. 非人称構文 (114)
  183. #1885. AAVE の文法的特徴と起源を巡る問題 (114)
  184. Articles in Month 2021-05 (114)
  185. #102. hundredグリムの法則 (113)
  186. #1905. 日本語における「女性語」 (113)
  187. #3653. Ebonics 茫?篋? (113)
  188. #3841. Whitby の宗教会議(664年)の英語史上の意義 (113)
  189. #417. 文法化とは? (112)
  190. #3856. 漢字は表意文字か表語文字か (112)
  191. Articles of Category "kenning" (112)
  192. #522. 形態論による言語類型 (111)
  193. #2667. Chaucer の用いた語彙の10--15%がフランス借用語 (111)
  194. #3409. 日本語における合拗音の消失 (111)
  195. #2600. 古英語の be 動詞の屈折 (110)
  196. #3670.『英語教育』の連載第3回「なぜ不規則な動詞活用があるのか」 (110)
  197. #1071. Jakobson による言語の6つの機能 (109)
  198. #1309. 大文字と小文字 (109)
  199. #3982. 古ノルド語借用語の音韻的特徴 (109)
  200. Articles of Category "grimms_law" (109)
  201. #157. foot の複数はなぜ feet (108)
  202. #2893. Beowulf の冒頭11行 (108)
  203. #148. フラマン語とオランダ語 (107)
  204. #196. 現代英語の人称代名詞体系 (107)
  205. Articles of Category "old_norse" (107)
  206. #1949. 語族ごとの言語数と話者数 (105)
  207. #2924. 「カステラ」の語源 (105)
  208. #3761. ブリテンとブルターニュ (105)
  209. #4412. "SEEING IS UNDERSTANDING" --- 視覚の概念メタファー (105)
  210. #2551. 概念メタファーの例をいくつか追加 (104)
  211. #123. 同化 --- 生理と怠惰による言語変化 (103)
  212. #2708. morn, morning, morrow, tomorrow (103)
  213. #4050. 言語における記述主義と規範主義 (103)
  214. #100. hundred と印欧語比較言語学 (102)
  215. #329. 印欧語の右と左 (102)
  216. #1134. 協調の原理が破られるとき (102)
  217. #1832. ギリシア・アルファベットの文字の名称 (1) (102)
  218. #3983. 言語学でいう法 (mood) とは何ですか? (1) (102)
  219. #50. インドヨーロッパ語族の系統図をお遊びで (101)
  220. #1023. 日本語の拍の種類と数 (101)
  221. #1327. ヒトの言語に共通する7つの性質 (101)
  222. #1396. "Standard English" とは何か (101)
  223. #2795. 「意味=指示対象」説の問題点 (101)
  224. #3709. アラム文字 (101)
  225. #774. ケルト語の分布 (100)
  226. #3586. 外来複数形 (100)
  227. #2421. 現在分詞と動名詞の協働的発達 (98)
  228. Articles of Category "hyponymy" (98)
  229. #49. /k/ の口蓋化で生じたペア (96)
  230. #1277. 文字をもたない言語の数は? (96)
  231. #40. 接尾辞 -ly は副詞語尾か? (95)
  232. #579. aisle --- なぜこの綴字と発音か (95)
  233. #862. 再建形は実在したか否か (1) (95)
  234. #1070. Jakobson による言語行動に不可欠な6つの構成要素 (95)
  235. #3940. 形容詞を作る接尾辞 -al と -ar (95)
  236. #4401. 「英語語彙の三層構造」の神話と脱神話化 (95)
  237. #108. 逆成の例をもっと (94)
  238. #1064. 人間の言語はなぜ音声に依存しているのか (2) (94)
  239. #2601. なぜ If I WERE a bird なのか? (94)
  240. #334. 英語語彙の三層構造 (93)
  241. #1257. なぜ「対格」が "accusative case" なのか (93)
  242. #4080. なぜ she の所有格と目的格は her で同じ形になるのですか? (93)
  243. #170. guesthost (91)
  244. #1813. IPA の肺気流による子音の分類 (91)
  245. #4248. なぜ threethirteen では r の位置が異なるのですか? --- hellog ラジオ版 (91)
  246. #4408. 未来のことなのに現在形で表わすケース (91)
  247. #110. 現代英語の借用語の起源と割合 (90)
  248. #2490. 完了構文「have + 過去分詞」の起源と発達 (90)
  249. #818. イングランドに残る古ノルド語地名 (89)
  250. #3394. 歴代イングランド君主と配偶者の一覧 (89)
  251. #4385. 英語が昔から SV の語順だったと思っていませんか? (89)
  252. Articles of Category "sdgs" (89)
  253. #2149. ?????喝????? (88)
  254. #3336. 日本語の諺に用いられている語種 (88)
  255. #4024. なぜ JapaneseChinese などは単複同形なのですか? (1) (88)
  256. Articles of Category "chancery_standard" (88)
  257. #340. 古ノルド語が英語に与えた影響の Jespersen 評 (87)
  258. #4072. 英語 have とラテン語 habere, フランス語 avoir は別語源 (87)
  259. #4209. なぜ ministermini- なのに「大臣」なのですか? --- hellog ラジオ版 (87)
  260. #115. 男の人魚はいないのか? (86)
  261. #580. island --- なぜこの綴字と発音か (86)
  262. #1437. 古英語期以前に借用されたラテン語の例 (86)
  263. #3307. 文法用語としての participle 「分詞」 (86)
  264. #4402. 進行形の起源と発達 (86)
  265. #146. child の複数形が children なわけ (85)
  266. #1210. 中英語のフランス借用語の一覧 (85)
  267. #1271. 日本語の唇音退化とその原因 (85)
  268. #1359. 地域変異と社会変異 (85)
  269. #2017. foot の複数はなぜ feet か (2) (85)
  270. #2727. ポリュビオス暗号 (85)
  271. #3305. なぜ can の否定形は cannot と1語で綴られるのか? (85)
  272. #2208. 英語の動詞に未来形の屈折がないのはなぜか? (84)
  273. #2361. アイルランド歴史年表 (84)
  274. #2386. 日本語の文字史(古代編) (84)
  275. #4399. 間投詞 My word! (84)
  276. #480. fatherヴェルネルの法則 (83)
  277. #3246. 制限コードと精密コード (83)
  278. #3818. 古英語における「自明の複合語」 (83)
  279. #4370. なぜ Japan には -ese をつけるのか? (83)
  280. #2858. 1492年,スペインの栄光 (82)
  281. #3643. many years agoago とは何か? (82)
  282. #1619. なぜ deus が借用されず God が保たれたのか (81)
  283. Articles of Category "auxiliary_verb" (81)
  284. #1923. only の意味の but (80)
  285. #4181. なぜ child の複数形は children なのですか? --- hellog ラジオ版 (80)
  286. #62. なぜ綴りと発音は乖離してゆくのか (78)
  287. #281. reconstruction の目的 (78)
  288. #1146. インドヨーロッパ語族の系統図(Fortson版) (78)
  289. #2649. 歴代イギリス総理大臣と任期の一覧 (78)
  290. #3039. 連載第8回「なぜ「グリムの法則」が英語史上重要なのか」 (78)
  291. #3226. イギリス文学関連略年表 (78)
  292. #3333. なぜ doubt の綴字には発音しない b があるのか? (78)
  293. #4362. 「英語史導入企画2021」がオープンしました (78)
  294. #1135. 印欧祖語の文法性の起源 (77)
  295. #2835. 構造主義,生成文法,認知言語学の3角形 (77)
  296. #3020. 帝国主義の申し子としての比較言語学 (1) (77)
  297. #4196. なぜ英語でいびきは zzz なのですか? (77)
  298. #55. through の語源 (76)
  299. #437. いかにして古音を推定するか (76)
  300. #443. 言語内的な要因と言語外的な要因はどちらが重要か? (76)
  301. #1628. なぜ code-switching が生じるか? (76)
  302. #1723. シップリーによる2重語一覧 (76)
  303. #1737. アメリカ州名の由来 (76)
  304. #3311. 書き言葉の3特徴とその理由 (76)
  305. #3440. ローマ軍の残した -chester, -caster, -cester の地名とその分布 (76)
  306. #3812. waswere の関係 (76)
  307. #4219. なぜ DXdigital transformation の略記となるのか? (76)
  308. #4395. 英語の類義語について調べたいと思ったら (76)
  309. Articles of Category "be" (76)
  310. Articles of Category "etymology" (76)
  311. Articles of Category "paradigm" (76)
  312. #1595. 消えゆく満州語 (75)
  313. #2676. 古英詩の頭韻 (75)
  314. #2922. 他の社会的差別のすりかえとしての言語差別 (75)
  315. #3546. 英語史や語源から英単語を学びたいなら,これが基本知識 (75)
  316. #3604. なぜ The house is building. で「家は建築中である」という意味になるのか? (75)
  317. Articles of Category "plural" (75)
  318. #183. flowerflour (74)
  319. #813. 英語の人名の歴史 (74)
  320. #299. explain になぜ <i> があるのか (73)
  321. #1482. なぜ go の過去形が went になるか (2) (73)
  322. #1645. 現代日本語の語種分布 (73)
  323. #3718. 英語に未来時制がないと考える理由 (73)
  324. #1818. 日本語の /r/ (72)
  325. #4176. なぜ lieutenant の発音に /f/ が出るのか? (72)
  326. #81. oncetwice の -ce とは何か (71)
  327. #1357. lexeme (語彙素)とは何か? (71)
  328. #1926. 日本人≠日本語母語話者 (71)
  329. #1957. 伝統的意味論と認知意味論における概念 (71)
  330. #2151. 言語変化の原因の3層 (71)
  331. #2743. 貨幣と言語 (71)
  332. #2848. 「若者は1字下げない」 (71)
  333. Articles of Category "sapir-whorf_hypothesis" (71)
  334. #1127. なぜ thou ではなく you が一般化したか? (70)
  335. #1513. 聞こえ度 (70)
  336. #3212. 黒死病,死の舞踏,memento mori (70)
  337. #4115. なぜ「the 比較級,the 比較級」で「?すればするほど?」の意味になるのですか? --- hellog ラジオ版 (70)
  338. #4400. 「犬猫」と cats and dogs の順序問題 (70)
  339. #53. 後期中英語期の through の綴りは515通り (69)
  340. #59. 英語史における古ノルド語の意義を教わった! (69)
  341. #171. guesthost (2) (69)
  342. #1761. 屈折形態論と派生形態論の枠を取っ払う「高さ」と「高み」 (69)
  343. #2055. 「母音」という呼称 (69)
  344. #2599. 人名 Rose は薔薇ならぬ馬? (69)
  345. #4178. なぜ仮定法では If I WERE a bird のように WERE を使うのですか? --- hellog ラジオ版 (69)
  346. #4359. ぜひ英語史学習・教育のために hellog の活用を!(2021年度版) (69)
  347. #4404. 日本語由来の敬称 san (69)
  348. #132. 古英語から中英語への語順の発達過程 (68)
  349. #1328. サピア=ウォーフの仮説の検証不能性 (68)
  350. #1963. 構文文法 (68)
  351. #3988. 講座「英語の歴史と語源」の第6回「ヴァイキングの侵攻」を終えました (68)
  352. #172. 呼びかけ語としての Mr, *Mrs, Miss (67)
  353. #380. often の <t> ではなく <n> こそがおもしろい (67)
  354. #752. 他動詞と自動詞の特殊な過去分詞形容詞 (67)
  355. #961. 人工言語の抱える問題 (67)
  356. #1475. 英語と言語に関する地図のサイト (67)
  357. #2869. 古ノルド語からの借用は古英語期であっても,その文証は中英語期 (67)
  358. Articles of Category "rhotic" (67)
  359. #19. 母音四辺形 (66)
  360. #151. 現代英語の5特徴 (66)
  361. #767. 言語の二重分節 (66)
  362. #931. 古英語と古ノルド語の屈折語尾の差異 (66)
  363. #1261. Wednesday の発音,綴字,語源 (66)
  364. #1580. 補充法研究の限界と可能性 (66)
  365. #3692. 英語には過去時制と非過去時制の2つしかない!? (66)
  366. #3713. 機能語の強音と弱音 (66)
  367. #4390. なぜ island の綴字には s が入っているのですか? --- hellog ラジオ版 (66)
  368. Articles of Category "do-periphrasis" (66)
  369. #3663. 細江逸記『英文法汎論』 --- 歴史的な観点からの現代英文法書 (65)
  370. #4345. 古英語期までの現在分詞語尾の発達 (65)
  371. #4409. 色白で美しく公正な白雪姫 --- fair の語感 (65)
  372. Articles of Category "aspiration" (65)
  373. Articles of Category "doublet" (65)
  374. #190. 品詞転換 (64)
  375. #653. 中英語におけるフランス借用語とラテン借用語の区別 (64)
  376. #1908. 女性を表わす語の意味の悪化 (1) (64)
  377. #2278. 意味の曖昧性 (64)
  378. #2342. 学問名につく -ic と -ics (64)
  379. #2411. 英語の <w> = "double u" とフランス語の <w> = "double v" (64)
  380. #2790. Engl&, 7honge と訓仮名 (64)
  381. #3067. 宗教改革略年表 (64)
  382. #3763. 形容詞接尾辞 -ate の起源と発達 (64)
  383. #191. 古英語,中英語,近代英語は互いにどれくらい異なるか (63)
  384. #450. 現代英語に受け継がれた古英語の語彙はどのくらいあるか (63)
  385. #541. sayssaid はなぜ短母音で発音されるか (63)
  386. #1028. なぜ国名が女性とみなされてきたのか (63)
  387. #1345. read -- read -- read の活用 (63)
  388. #2674. 明示的遂行文の3つの特徴 (63)
  389. #3357. 日本語語彙の三層構造 (2) (63)
  390. #4304. なぜ foot の複数形は feet なのですか? --- hellog ラジオ版 (63)
  391. #4390. 現存する古英詩の種類 --- なぞなぞも重要な1種 (63)
  392. #4396. 初期中英語の方言地図とタグ付きコーパスを提供してくれる LAEME (63)
  393. #1006. ルーン文字の変種 (62)
  394. #1313. どのくらい古い時代まで言語を遡ることができるか (62)
  395. #1634. 「エキシビジョン」と equation (62)
  396. #2120. 再建形は虚数である (62)
  397. #2456. 書写材料と書写道具 (1) (62)
  398. #2774. 時代区分について議論してみた (62)
  399. #2847. statestatistics (62)
  400. #3471. 百年戦争による英語の復権 (62)
  401. Articles of Category "etymological_respelling" (62)
  402. #371. 系統影響は必ずしも峻別できない (61)
  403. #696. Log-Likelihood Test (61)
  404. #1877. 動詞を作る接頭辞 en- と接尾辞 -en (61)
  405. #2938. 「バベルの塔」の言語観 (61)
  406. #3300. なぜ wolf の複数形が wolves なのか? (3) (61)
  407. #3390. 日本語の i-mutation というべき母音交替 (61)
  408. Articles of Category "coca" (61)
  409. Articles of Category "suppletion" (61)
  410. #127. deer, beast, and animal (60)
  411. #1567. 英語と日本語のオンラインコーパスをいくつか紹介 (60)
  412. #2329. 中英語の借用元言語 (60)
  413. #3137. 日本語史の時代区分 (2) (60)
  414. #3515. 現代英語の祈願文,2種 (60)
  415. #3649. q の後には必ず u が来ますが,これはどういうわけですか? (60)
  416. Articles of Category "dissimilation" (60)
  417. Articles of Category "language_or_dialect" (60)
  418. #12. How many carp! (59)
  419. #523. 言語の機能と言語の変化 (59)
  420. #852. 船や国名を受ける代名詞 she (1) (59)
  421. #1520. なぜ受動態の「態」が voice なのか (59)
  422. #3730. 音韻の中和,あるいは音素的重複 (59)
  423. Articles of Category "dative" (59)
  424. #86. one の発音 (58)
  425. #583. ドイツ語式の名詞語頭の大文字使用は英語にもあった (58)
  426. #606. 英語の綴字改革が失敗する理由 (58)
  427. #827. she の語源説 (58)
  428. #947. 現代英語の前置詞一覧 (58)
  429. #1005. 平仮名による最古の「いろは歌」が発見された (58)
  430. #1121. Grimm's Law はなぜ生じたか? (58)
  431. #1283. 共起性の計算法 (58)
  432. #1442. (英語)社会言語学に関する素朴な疑問を募集 (58)
  433. #2491. フランス語にみられる20進法の起源説 (58)
  434. #2939. 5譛茨シ勲ay?シ檎嚼譛? (58)
  435. #3647. 船や国名を受ける she は古英語にあった文法性の名残ですか? (58)
  436. #3857. 『英語教育』の連載第9回「なぜ英語のスペリングには黙字が多いのか」 (58)
  437. #4375. 『中高生の基礎英語 in English』の連載第2回「なぜ foot の複数形は feet になるの?」 (58)
  438. #28. 古英語に自然性はなかったか? (57)
  439. #1136. 異なる言語の間で類似した語がある場合 (57)
  440. #2102. 英語史における意味の拡大と縮小の例 (57)
  441. #3141. 16世紀イングランドの識字率 (57)
  442. #4397. star で英語史 (57)
  443. Articles of Category "morpheme" (57)
  444. Articles of Category "oe" (57)
  445. #117. フランス借用語の年代別分布 (56)
  446. #188. 名前動後の起源 (56)
  447. #221. dinner も不定詞 (56)
  448. #389. Angles, Saxons, and Jutes の故地と移住先 (56)
  449. #702. -ths の発音 (56)
  450. #1803. Lord's Prayer (56)
  451. #2341. 表意文字と表語文字 (56)
  452. #3578. 黒人英語 (= AAVE) の言語的特徴 --- 語彙,語法,その他 (56)
  453. #3705. Sir William Jones (56)
  454. #4340. NHK『中高生の基礎英語 in English』の新連載「歴史で謎解き 英語のソボクな疑問」がスタートします (56)
  455. #4391. kamikazebikini --- 心がザワザワする語の意味変化 (56)
  456. #4405. ポップな話題としての「句動詞の品詞転換」 (56)
  457. #4413. 動詞の目的語としての無意味な it (56)
  458. #155. 古英語の人称代名詞の屈折 (55)
  459. #864. 再建された言語の名前の問題 (55)
  460. #2558. 変化は言語の本質である (55)
  461. #2569. dead metaphor (2) (55)
  462. #2991. ルーン文字の名前に意味があったからこそ (55)
  463. #3676. 英語コーパスの使い方 (55)
  464. #3731. 講座「英語の歴史と語源」の第1回「インドヨーロッパ祖語の故郷」を終えました (55)
  465. #3859. なぜ言語には不規則な現象があるのですか? (55)
  466. #4004. 古英語の3人称代名詞の語頭の h (55)
  467. #4028. -ant か -ent か (1) (55)
  468. Articles of Category "meter" (55)
  469. #2665. 発話行為の適切性条件 (54)
  470. #2697. fewa few の意味の差 (54)
  471. Articles of Category "compound" (54)
  472. Articles of Category "hel_essay" (54)
  473. #24. なぜ英語史を学ぶか (53)
  474. #92. third の音位転換はいつ起こったか (53)
  475. #104. hundredヴェルネルの法則 (53)
  476. #156. 古英語の se の品詞は何か (53)
  477. #1617. 日本語における外来語の氾濫 (53)
  478. #2899. 二十四節気 (53)
  479. #3124. 基本語順の類型論 (1) (53)
  480. #3624. 安藤貞雄『英語史入門』の英語史年表 (53)
  481. #4146. なぜ often は「オフトゥン」と発音されることがあるのですか? --- hellog ラジオ版 (53)
  482. #4382. 『今さら聞けない英語学・英語教育学・英米文学』 --- 見開き2ページで1テーマ,研究テーマ探しにも (53)
  483. #4406. 集合名詞の単数受け/複数受けの問題 (53)
  484. Articles of Category "minimal_pair" (53)
  485. Articles of Category "participle" (53)
  486. Articles of Category "runic" (53)
  487. #496. ウラル語族 (52)
  488. #924. 複合語の分類 (52)
  489. #1441. JACET 8000 等のベース辞書による語彙レベル分析ツール (52)
  490. #1614. 英語 title に対してフランス語 titre であるのはなぜか? (52)
  491. #1854. 無変化活用の動詞 set -- set -- set, etc. (52)
  492. #1895. 古英語のラテン借用語の綴字と借用の類型論 (52)
  493. #2405. 綴字と発音の乖離 --- 英語綴字の不規則性の種類と歴史的要因の整理 (52)
  494. #2422. 初期中英語における動名詞,現在分詞,不定詞の語尾の音韻形態的混同 (52)