hellog〜英語史ブログ

#232. 英語史の時代区分の歴史 (1)[periodisation][germanic]

2009-12-15

 [2009-10-02-1]の記事でアメリカ英語の歴史の三区分を紹介したときに,「言語史家を含め,歴史家は三区分するのが好きなようで」あり,三区分は「言語の進化を強く意識した19世紀のモダニズム的発想」であると述べた.(イギリス)英語史も慣習的に Old English, Middle English, Modern English ( Present-day English を含めて )と三区分されるし,三区分の背景には何かがありそうである.Lass が "triadism" 「三区分主義」あるいは "triadomany" 「三区分病」と呼んでいる考え方が,どのように言語の時代区分の議論に入り込んできたかを考えてみたい.今後数回の記事は Lass の論文に沿った要約ノートの体裁になると思われるので,先に断っておく.
 "triadomany" の開始は,ゲルマン比較言語学の大家 Jacob Grimm に帰せられる.グリムの法則(grimms_law)で有名なこのドイツのロマン主義者は,Gesetz der Trilogie 「三部作の法則」の信奉者であり,ドイツ語の歴史を Althochdeutsch "Old High German" , Mittelhochdeutsch "Middle High German", Neuhochdeutsch "New High German" と三区分した.この考え方が,英語を含む他のゲルマン諸語にも適用された.
 Grimm (274) は,言語史の時代区分のみならず,言語そのものに「三つ組」が満ちていると考えた.

男性女性
単数双数複数
人称一人称二人称三人称
能動態中動態受動態
時制現在過去未来
屈折a-stemi-stemu-stem


 しかし,ここには欺瞞がある.[2009-10-26-1]で見たように,ゲルマン語には形態的に未来時制はない.また,屈折クラスとしては,他にも ō-stem や各種の consonant-stem もある(特に前者は主要なクラスである).それでも,Grimm は「三」の力を強く信じていたのである.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Page 12.
 ・Grimm, Jacob. Geschichte der deutschen Sprache. Leipzig: Hirzel, 1848.

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

#233. 英語史の時代区分の歴史 (2)[periodisation][germanic][unidirectionality][speed_of_change]

2009-12-16

 昨日の記事[2009-12-15-1]で,Grimm が言語史の時代区分における "triadomany" の嚆矢だったことに言及した.彼によりドイツ語史が Old High German, Middle High German, New High German へ三区分される伝統が確立したが,ここには,単に三つの時代が時系列に沿って並列されたということ以上に,重要な言語変化に関する含みがあった.それは,言語変化は方向性 ( directionality ) をもっており,その変化の速度は時代が進むにつれて遅くなってきているという主張である.Grimm の弟子の一人である Förstemann は次のように述べている.

die Veränderung der deutschen Sprache zwischen dem 9. und 13. Jarhundert durchschnittlich eine etwa dreimal so große Schnelligkeit besessen hat als zwischen dem 13. und 19. Jahrhundert, daß also das Sprachleben in jener Zeit etwa dreimal so stark war als in dieser. (84)


 平均すると 9 -- 13 世紀の言語変化は 13 -- 19 世紀の言語変化よりも3倍速く,後者は現代の言語変化よりも3倍速いということになる.ここにも「三倍」が現れており,"triadomany" の気味が濃厚である.そもそも言語変化のどの側面を比べて三倍なのか,言語変化の速度を数値化できるのか,いろいろと疑問が生じる.だが,ここで何よりも重要なのは,Grimm にせよ Förstemann にせよ,言語変化の方向性を前提としていることである.言語変化の速度を考慮している以上,ある方向に動いているということが前提にあるはずである.
 だが,言語変化はある一定の方向に進む ( unidirectional ) ものなのだろうか? ここには,言語変化論の大きな問題が含まれている.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Page 13.
 ・Förstemann, Ernst. "Über die numerischen Lautverhältnisse im Deutschen." Germania: Neues Jahrbuch der Berlinischen Gesellschaft für deutsche Sprache und Alterthumskunde 7 (1846): 83--90.

Referrer (Inside): [2009-12-17-1]

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

#234. 英語史の時代区分の歴史 (3)[periodisation]

2009-12-17

 [2009-12-15-1], [2009-12-16-1]で見たように,Grimm によってドイツ語史に当てはめられた三区分の原則は,英語史にも波及することになった.だが,それ以前にも,英語の古い段階を指す呼称は存在していた.16,17世紀に古い英語に対する関心が喚起されたとき,人々は今でいう古英語を指して Anglo-Saxon 「アングロサクソン語」と呼んだ.この呼称は現代でもときどき聞かれる.次に Anglo-Saxon と言い切るにはあまりに言語的に異なっており,かといって近代期の英語とも異なっている段階の英語を指す,範囲の曖昧な呼称として Semi-Saxon が用いられた.
 16,17世紀以来,Anglo-Saxon と Semi-Saxon という時代区分の呼称が長らく使われてきたが,1839年に Wright が Middle English という用語を新たに導入した.Wright のいう Middle English は,現在 Middle English として理解されている時代の後期を指していたようである.

The form of our language during the twelfth and the first half of the thirteenth century is generall termed Semi-Saxon; from that period to the time of the Reformation it has received from modern philologists the name of Middle English (Wright 107 cited in OED, s.v. English B. sb. 1a).


 こうして Anglo-Saxon, Semi-Saxon, Middle English という時代区分の呼び名が用いられたが,早くも19世紀後半には別の時代区分が次々と提案されることとなった.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Page 14.
 ・Wright, Thomas. Literature and language under the Anglo-Saxons. 1839.

Referrer (Inside): [2016-12-07-1]

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

#235. 英語史の時代区分の歴史 (4)[periodisation]

2009-12-18

 19世紀後半には,英語史の新しい時代区分が何度か試みられた.そのうちの一つが,Morris (48--56) の五区分(実質的には六区分)案である.ここでは Grimm 以来の "triadomany" の呪縛から解き放たれている.Morris は各区分に呼称をあてがうのを避け,数字で順番付けた.Morris の提案で注目すべきは,言語的な基準による区分を試みたことである.以下は,Morris の区分を Lass (15) が要約したものである.

Period Range Defining Characters
1st Period 450--1100 "Synthetic" rather than analytic, gender, noun declension, infinitive in -an, past participle prefix ge-, etc.
2nd Period 1100--1250 Final -a, -o, -u levelled in -e, article > þe, -es plurals begin to substitute for weak -en; "confusion" in gender leading to some merger, loss of infinitive -n.
3rd Period 1250--1350 Still some article inflexions, increasing gender confusion, -en/-es often "indiscriminately" in noun plurals, loss of dual, present participle in -inge.
4th Period 1350--1460 Ic(h) > I, dative and accusative pronouns merge in old dative (him/hine > him, etc.), loss of infinitive marker, rise of they, their, them
5th Period (1) 1460--1520 None are given.
5th Period (2) 1520--Present None are given.


 従来の3区分よりもきめ細かな区分を必要としたことは,言語変化が連続体であることをより強く認識したがゆえだろう.また,"Defining Characters" の欄に示されている言語的基準は決して体系的ではないものの,客観的な基準を立てようとした点は評価すべきだろう.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Page 15.
 ・Morris, Richard. Historical Outlines of English Accidence. London: Macmillan, 1882.

Referrer (Inside): [2012-08-01-1] [2009-12-19-1]

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

#236. 英語史の時代区分の歴史 (5)[periodisation]

2009-12-19

 Morris の英語史の六区分[2009-12-18-1]は一般には広まらなかった.英語史の時代区分について後世に強い影響力を及ぼしたのは,Sweet だった.Sweet は1871年,従来の Anglo-Saxon に代えて Old English という呼称を導入した.

I use 'Old English' throughout this work to denote the unmixed, inflectional stage of the English language, commonly known by the barbarous and unmeaning title of 'Anglo-Saxon' (v, n. 1)


 Old English という呼称の確立によって,Old English, Middle English, Modern English という三区分が不動のものとなった(Sweet, Grammar §594) .これが現在にまで伝わる "canonical" な英語史の時代区分である.その特徴は以下の如くである.

 Old English: "period of full endings" (e.g. mōna, sunne, sunu, stānas).
 Middle English: "period of levelled endings" (e.g. mōne, sunne, sune, stōnes).
 Modern English: "period of lost endings" (moon, sun, son, stones).

 こうして,英語史の時代区分は再び "triadomany" の伝統へと回帰したのである.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Pages 14--16.
 ・Sweet, Henry. King Alfred's West-Saxon Version of Gregory's Pastoral Care. EETS os 45. London: OUP, 1871.
 ・Sweet, Henry. A New English Grammar, Logical and Historical. Vol. 1. Introduction, Phonology, and Accidence. Oxford: Clarendon, 1891.

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

#237. 英語史の時代区分の歴史 (6)[periodisation]

2009-12-20

 [2009-12-19-1]で見たように,Sweet の Old English, Middle English, Modern English の三区分は,現在に至るまで英語史に強い影響を及ぼしている.Sweet はこの三区分をさらに細分化した八区分のバージョンをも唱えている.後者は,各時代を代表する作家名あるいは作品名を添えているのが特徴である.

Period Prototype Range
Early Old English Alfred 700--900
Late Old English Ælfric 900--1100
Transition Old English Laȝamon 1100--1200
Early Middle English Ancrene Riwle 1200--1300
Late Middle English Chaucer 1300--1400
Transition Middle English Caxton 1400--1500
Early Modern English Shakespeare 1500--1650
Late Modern English no prototype 1650--


 この八区分の特徴は,Old English の最後期,Middle English の最後期として,"Transition" という時期を設定していることである.これは,言語変化は連続体であり,ある段階の言語を明確に一つの時代区分へと落とし込むことは本質的に不可能であるとの Sweet の認識を示唆している.
 とはいえ,この八区分がもとの三区分を基礎にしていることは明らかであり,事実上 "triadomany" の伝統に沿っているとみなして差し支えないだろう.下位レベルで Early, Late, Transition とさらに三分割していることは,むしろ "triadomany" を強化しているとすら言えるかもしれない.

 ・Lass, Roger. "Language Periodization and the Concept of 'middle'." Placing Middle English in Context. Eds. Irma Taavitsainen, Terttu Nevalainen, Päivi Pahta and Matti Rissanen. Berlin and New York: Mouton de Gruyter, 7--41. esp. Page 16.

Referrer (Inside): [2012-06-13-1] [2011-04-19-1]

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]