hellog〜英語史ブログ

#203. 1500--1900年における英語語彙の増加[lexicology][statistics][soed]

2009-11-16

 近代英語期の英語語彙の増加について,(連日だが)Hughes の調査を参考にしつつ紹介.Hughes は,Shorter Oxford English Dictionary (1933 ed.) に基づいて編集された Chronological English Dictionary を利用して,1500年から1900年のあいだに英語に加わった語を10年ごとに集計してグラフを作成した (404).
 以下のグラフは,Hughes のグラフを本ブログ用に改変したものである.Hughes にはグラフ作成のもとになる数値データは与えられていないので,グラフから目検討で数値を読み出し,それを頼りに再びグラフを作成した.したがって,ここに示されているものはあくまで参考までに.

Growth of English Vocabulary, 1500-1900, by Hughes


 グラフには二つのピークがある.一つ目のピークは約1550〜1630年の時期で,およそエリザベス朝の時代 ( Elizabethan Period ) を中心とする.二つ目のピークは約1790〜1880年の時期で,およそロマン主義の時代 ( Romantic Period ) に相当する.間にはさまれた王政復古期 ( Restoration Period ) と新古典主義時代 ( Augustan Period ) は比較的,保守的だったとわかる.1450〜1950年に加わった語彙の総数は6万語を超え,平均すると年に約120語ということになる.
 なお,Hughes によると,年単位でみると1598年(590語)と1611年(844語)がもっとも際だっているという.

 ・Hughes, G. A History of English Words. Oxford: Blackwell, 2000. 403--04.
 ・Finkenstaedt, Thomas, E. Leisi, and D. Wolf. eds. A Choronological English Dictionary. Heidelberg: Carl Winter, 1970.

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

Powered by WinChalow1.0rc4 based on chalow