〒108-8345 
慶應義塾大学
東京都港区三田2-15-45

Eメール: kawahara_at_icl.keio.ac.jp (_at_の部分を@に変えてください)
電話番号:03-5427-1455

本ページについて

ひつじ書房から発売された『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』の補足資料をまとめるページです。本で紹介したMRIビデオ、著作権が許される範囲での論文の公開、生データと分析ファイル、追加練習問題などを公開しています。

『音とことばのふしぎな世界』用も兼ねたTwitterアカウント.

音声ファイル

促音濁音のアラビア語と日本語の比較(第4章, p.107, 音声は一部変えてあります)。



アラビア語:

日本語:

メイド声のサンプル(第5章, p.141)。



萌声:

地声:

ツン声:

MRIビデオで調音点を確認!(p.46)

/b/ in “bat”


/d/ in “dirt”


/k/ in “cutter”


母音の下の位置をキャンディで確認してみよう!(p.68-69)

「あ」と「い」を比べてみよう


「あ」、「え」、「い」を比べてみよう


「い」と「う」を比べてみよう

その他のビデオ

喉頭(声帯)の仕組み(第3章, p.79)
(動画の中で使っているモデルはこちらから。)

歯磨きで第二フォルマントを聞く(第3章, p.79)
(水が増えて、空の空間が小さくなると音が高くなります。)

空間の長さと共鳴する音の高さの相関(第3章, p.89)


濁音発声時の喉頭(喉仏)の下降(第4章, p.102)


濁音発声時の口腔の広がりをほっぺたで感じみよう(第4章, p.103)


/r/ in “right” (巻き舌の舌の動き, p.182)


ダウロード可能論文

川原繁人・桃生朋子 (2018) 音象徴で言語学を教える: 具体的成果の紹介を通して. Southern Review.

川原繁人・桃生朋子 (2017) 音象徴の言語学教育での有効利用に向けて: 『ウルトラマン』の怪獣名と音象徴. 音声研究 21.

Kawahara, Shigeto, Atsushi Noto, and Gakuji Kumagai (submitted) Sound symbolic patterns in Pokemon names. Phonetica.

Kawahara, Shigeto and Gakuji Kumagai (to appear) Expressing Evolution in Pokemon Names: Experimental Explorations. Journal of Japanese Linguistics.

川原繁人 (2017) ドラゴンクエストの呪文における音象徴: 音声学の広がりを目指して. 音声研究 21(2): xxx-xxx.

川原繁人 (2017) 音そのものに意味はあるのか---ポケモンから考える「音とことばのふしぎな世界」. Wired. 記事へのリンク

Kawahara, Shigeto (2016) The prosodic features of “tsun” and “moe” voices. Journal of the Phonetic Society of Japan 20(2): 102-110.

Shinohara, Kazuko and Kawahara, Shigeto (2016) A cross-linguistic study of sound symbolism: The images of size. The proceedings of BLS 36: 396-410. Berkeley Linguistic Society: Berkeley.

Shinohara, Kazuko, Naoto Yamauchi, Shigeto Kawahara, and Hideyuki Tanaka (2016) Takete and maluma in action: A cross-modal relationship between gestures and sounds. PLOS ONE. Go to the publication page.

Kawahara, Shigeto, Kazuko Shinohara and Joseph Grady (2015) Iconic inferences about personality: From sounds and shapes. In Masako K. Hiraga, William J. Herlofsky, Kazuko Shinohara and Kimi Akita (eds.) Iconicity: East meets west. John Benjamins: Amsterdam. pp. 57-69.

川原繁人 (2013)メイド文化と音声学.メイドカフェ批評.たかとら(編): 112-121. オリジナル原稿(専門的な議論あり), 編集済み原稿(新書風)

Shinohara, Kazuko and Kawahara, Shigeto (2013) The sound symbolic nature of Japanese maid names. The proceedings of JCLA 13. Japan Cognitive Linguistics Association. pp. 183-193.

Brent Berlin (2013) 動物名称にみられる共感覚的音象徴. 訳, 篠原和子・川原繁人. 篠原和子・宇野良子 (編) オノマトペ研究の射程ー近づく音と意味。pp. 17-42. ひつじ書房:東京。

篠原和子・川原繁人 (2013) 音象徴の言語普遍性:「大きさのイメージをもとに. 篠原和子・宇野良子 (編) オノマトペ研究の射程ー近づく音と意味。pp. 43-57. ひつじ書房:東京。

Kawahara, Shigeto and Kazuko Shinohara (2012) A tripartite trans-modal relationship among sounds, shapes and emotions: A case of abrupt modulation. In. N. Miyake, D. Peebles and R. P. Cooper (eds.) The Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society. Austin: Cognitive Science Society. pp. 569-574.

Kawahara, Shigeto, Kazuko Shinohara and Yumi Uchimoto (2008) A positional effect in sound symbolism: An experimental study. Proceedings of the 8th meeting of Japan Cognitive Linguistics Association.

Kawahara, Shigeto and Kazuko Shinohara (2008) A cross-linguistic study of sound symbolism: the case of voicing. A poster presented at Language, Communication, and Cognition. Brighton University.

Kish, C., Korostoff, S. & Pangilinan, M. (2012) Obstruents and Masculinity: Shapes, names, and physiology.

Marron, M. (2012) The Effect of Sound Symbolism on Gender Cues For New Brand Names. Honor’s Thesis, Rutgers University.

参考リンク集

生データ公開

 

This site and its contents are © 2010 by Shigeto Kawahara.
Layout design by Melanie Pangilinan.