hellog〜英語史ブログ

#4143. 英語史のキーワードを10個挙げなさいといわれたら?[historiography][hel_education][terminology]

2020-08-30

 前期に大学院の授業で標題について議論したことがある.まずは個人に好き好きに英語史のキーワード,キーフレーズ,用語を複数挙げてもらい,後に皆で投票し,最も人気のあるキーワードを決めるという単純な遊びである.お互いの関心の所在もわかっておもしろいし,英語史の本質を突くキーワードリストができあがるかもしれない.英語史概説の講義を計画したり,通史を書こうとする場合にも,数個の核心的なキーワードがあると便利だろう.
 MURAL というオンラインの視覚ツールを利用して実際に行なってみたら,とてもおもしろいキーワードリストができあがった.上位から順番に10個まで挙げてみよう.

 ・ Norman Conquest
 ・ semantic change
 ・ spelling-pronunciation gap
 ・ Great Vowel Shift
 ・ standardisation
 ・ World Englishes
 ・ Grimm's Law
 ・ Old Norse
 ・ loss of grammatical gender
 ・ inkhorn terms

 なるほど,英語史を大づかみにしようと思ったら,この10のキーワードを中心に据えるだけでも,そこそこうまく行きそうな気がしてきた.1人の頭で10個出していたならば,それはそれである種の一貫した別のリストができあがっていたものと思われるが,おそらく皆で出した今回のリストのほうが優れているしおもしろいのではないか.多様な視点が加味された上での選ばれしキーワードだからだ.
 簡単,有益,かつおもしろい実験だった.関連して「#4084. 英語史のために必要なミニマルな言語学的知識」 ([2020-07-02-1]) も参照.

Ten HEL Keywords by MURAL

[ | 固定リンク | 印刷用ページ ]

Powered by WinChalow1.0rc4 based on chalow