嶋尾稔(慶應義塾大学言語文化研究所教授)

 

日本とベトナム2015617  620  919日 2018714 126日)

 

資料(南シナ海South China Sea関係2014613日公開、補遺 2014714日、 補遺2 2014828日(919日改訂)、補遺3(含訂正) 201498日(911日改訂 1128日再訂 122日三訂)、南シナ海と日本人 201498日(2015719日改訂 723日三訂、2016331日四訂)、補遺4 2014917日(2015919日改訂)、 補遺5 2014927日、補遺6 2014102日、補遺7 20141030日(117日改訂 1123日再訂 1124日三訂 201583日四訂 2016515日五訂 521日六訂)、補遺8 20141119日(2016113日改訂[114日訂正]) スプラトリー諸島と中国 20141229日(2015525日改訂 527日三訂 627日四訂 629日五訂 712日六訂 20161014日七訂)、補遺9 2015225日、補遺10 201534日(35日改訂 36日再訂 38日三訂 314日四訂、624日五訂)、補遺11 201545日(46日改訂) 補遺12 2015615日 補遺13 2016513 補遺14 2016525 補遺15 201663日 補遺16 2016716日(81日改訂 83日再訂 1010日三訂 126日四訂) 補遺17 2016910日(1016日改訂) 補遺18 2016916日 補遺19 2016919日 補遺20 20161018日(1022日改訂 126日再訂 129日三訂) 補遺21 20161030日(1216日改訂 1220日再訂) 補遺22 20161213日(1215日改訂) 補遺23 201716日(317日改訂) 補遺24 2017115日 補遺25 2017317日 補遺26 2017317日 補遺27 20181117日(201919日改訂 122日再訂 315日三訂 325日小補 45日小補) 補遺28 20181130

 

僭越ながら(2017/5/16,2018/7/25,7/26) 補遺(2017/8/25, 8/26, 9/17, 2018/7/25, 11/16) 補遺2(2017/8/31, 9/2)  補遺3(2017/9/16) 補遺4(2017/9/20, 9/21.iii, 201889日付記, 911日付記2, 912日付記3,121, 2019211日補足,212日付記4,213, 418日微修正) 補遺52017/10/26) 補遺62018/03/08, 3/14, 7/22, 7/27

 

頭の整理2018320, 321日改訂iii, 324, 325,326ii,328,329ii, 330, 41iii含愚かな誤りの訂正, 42, 46, 48ii, 49, 412日) 補遺321ii, 323日大改訂ii, 324, 326ii, 41ii, 44日) 補遺2323ii, 324, 327, 46, 48iii大改正, 49ii, 412iii, 413日) オマケ417, 420, 516, 521, 522日大改訂-ii-iii, 523, 526日) 補遺3524, 526日) 補遺3bis527ii, 528日付記1,529日付記2・訂正・付記3・微修正, 530, 61日) 落穂拾531日) 弁明531, 62日) 補遺465, 66日付記1,67日付記2,625日付記3,626日付記4,627日) 補遺5610日) 補遺6619日) 補遺7623日) 補遺81213日)

 

疑問点の整理201856, 57ii, 58, 511,621,201938日付記, 39日補足, 312日修正・補足2, 316日・18日・19日・20日・21日・22日・28日・29日附録, 331日修補ii, 42日・3日蛇足, 44日・5日・6日所感, 48日・11日・12日・15日・16日・18日・19日小補)

 

資料(壽梅家礼1壽梅家礼2

 

資料(『大南寔録』中自然災害関連記事一覧表疫病記事関連一覧表飢饉関連記事一覧表

 

研究

*主要な論文等

(1)「植民地期北部ベトナム村落における秩序再編について:郷約再編の一事例」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』241992年)

(2)「一九世紀ー二〇世紀初頭北部ベトナム村落における族結合再編」吉原和男・鈴木正崇・末成道男編『<血縁>の再構築:東アジアにおける父系出自と同姓結合』(風響社、2000年)

(3)「黎朝期北部ベトナムの郷約再編に関する一史料」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』322000年)

(4)「ベトナム村落と知識人」小島毅・伊原弘編『知識人の諸相:中国宋代を基点として』(勉誠出版、2001年)

(5)「タイソン朝の成立」『岩波講座 東南アジア史 第四巻』(2001年)

(6)「阮朝:<南北一家>の形成と相克」『岩波講座 東南アジア史 第五巻』(2001年)

(7)「紅河デルタ沿海部開拓史研究の概観」平成1214年科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究報告書(研究代表者:春山茂子)『紅河デルタの環境変動と環境評価』(研究課題番号:12572040)(2003年)

(8) 20世紀初頭ベトナムの通史について」根本敬編『東南アジアにとって20世紀とは何か:ナショナリズムをめぐる思想状況』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2004年)

(9)「『寿梅家礼』に関する基礎的考察」『慶應義塾言語文化研究所紀要』37号(2006年)

(10)「『寿梅家礼』に関する基礎的考察(二)」『慶應義塾言語文化研究所紀要』38号(2007年)

(11)「ベトナムにおける王朝の終焉」鈴木正崇編『東アジアの近代と日本』(慶応大学出版会、2007年)

(12)「『寿梅家礼』に関する基礎的考察(三)」『慶應義塾言語文化研究所紀要』39号(2008年)

(13) 「村方に残る阮朝期公文」(蓮田隆志、松尾信之と共著)科研費報告書『文献・碑文資料による近世紅河下部デルタ開拓史研究』(研究課題番号 17401021 研究代表者:八尾隆生) (2008年)

(14)「ベトナムの伝統的私塾に関する研究のための予備的報告」『東アジア文化交渉研究』別冊2号(2008年)

(15) 「『寿梅家礼』に関する基礎的考察(四)」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』40(2009)

(16) ”The Sinification of the Vietnamese Village: Family Genealogy and Ancestral Hall.”ISHII Yoneo ed. The Changing Self Image of Southeast Asian Society during the 19th and 20th Centuries.Tokyo: The Toyo Bunko,2009.

(17) 「ベトナムの家礼と民間文化」 山本英史編『アジアの文人が見た民衆とその文化』(慶應義塾大学言語文化研究所、2010年)重大な誤りあり。

(18)「阮朝朱*本と『大南寔録』」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』41(2010年)*石へん

(19)「ベトナム阮朝の辺陲統治:ベトナム・中国国境沿海部の一知州による稟の検討」山本英史編『東アジア海域叢書 近世の海域世界と地方統治』(汲古書店、2010年)

(20)17世紀後半ベトナム北部村落の「売亭文契」に関する覚書」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』42(2011年)

(21)「ベトナム阮朝期のラオス方面ルートに関する覚書」研究費成果報告書『中・近世ベトナムにおける権力拠点の空間的構成』(課題番号:20320111、研究代表者:桃木至朗)

(22) ”Confucian Family Ritual and Popular Culture in Vietnam.” Memoirs of the research department of the Toyo Bunko. No.69(2011)

(23)「ベトナムにおける家礼の受容と改変:祭文を中心に」吾妻重二・朴元在編『朱子家礼と東アジアの文化交渉』(汲古書院、2012年)

(24)「ベトナム阮朝期初学テクストの中の国土・国史:『啓童説約』の検討」山本正身編『アジアにおける「知の伝達」の伝統と系譜』(慶應義塾大学言語文化研究所、2012年)

(24)「ベトナム阮朝期の徴税・徴兵に関する新史料の紹介」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』432012年)

(25)「『天南四字経』に関する覚書」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』442013年)

(26)「江戸時代の日本人のベトナムに関する知識とイメージ」『越日関係史の回顧と展望:中部ベトナムの視点から』(シンポジウム紀要、ダナン、2013年→Đại Học Đà Nẵng, Viện Nghiên cứu Phát triển Kinh tế - Xã hội Đà Nẵng , Trung tâm Xuc tiến Giao lưu Việt – Nhật tại Đà Nẵng.2015. LỊCH SỬ VÀ TRIỂN VỌNG MỐI QUAN HỆ VIỆT NAM – NHẬT BẢN: NHÌN TỪ MIỀN TRUNG VIỆT NAM. Hà Nội: Nhã Xuất bản Thông tin và Truyền thông.

(27)「「売亭文契」に関する覚書 其の二」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』452014年)

(28)「七洲洋に関する覚書」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』462015年)

(29)「『初学問津』に関する覚書」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』472016年)

(30)「ベトナムにおける通史的歴史認識の研究のためのノート」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』482017年)

 

論文の誤りの訂正や要再検討の事項や補足などはこちら