[English]

杉本 憲彦 履歴 研究 講義 講演 報道

 

教授

慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室

 

223-8521神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

慶應義塾大学 日吉キャンパス 第2校舎 2208号室

Tel: 045-566-1320  Fax: 045-566-1320

E-mail: nori @ phys-h.keio.ac.jp


ニュース

科学研究費補助金 基盤研究S あかつきデータ同化が明らかにする金星大気循環の全貌林祥介(代表)

研究員として小守信正さんが着任されました。

202241日)。


ニュース

Atmosphereに以下の主著論文が掲載され、Issue 2のジャーナルカバーに選ばれました。

 “Kelvin Wave and Its Impact on the Venus Atmosphere Tested by Observing System Simulation Experiment”,

Norihiko Sugimoto, Yukiko Fujisawa, Mimo Shirasaka, Mirai Abe, Shin-ya Murakami, Toru Kouyama, Hiroki Ando, Masahiro Takagi, and Masaru Yamamoto, Atmosphere, Vol.13, No.2, (2022), 182, 13pp, doi:10.3390/atmos13020182.  

2022218日)。Selected as the journal issue cover.


ニュース

“知”の交流コミュニティ「Mondの回答者に選定、登録されました。

2022112日)。


ニュース&プレスリリース

Nature Communicationsに以下の主著論文が掲載され、エディターハイライトに選ばれました。

 “Generation of gravity waves from thermal tides in the Venus atmosphere”,

Norihiko Sugimoto, Yukiko Fujisawa, Hiroki Kashimura, Katsuyuki Noguchi, Takeshi Kuroda, Masahiro Takagi, and Yoshi-Yuki Hayashi, Nature Communications, Vol.12, (2021), 3682, doi:10.1038/s41467-021-24002-1.

2021531日)。Featured on Editors’ Highlights webpage in Astronomy and planetary science


ニュース

富山国際大学付属高等学校のHPで科学探求講座の内容が紹介されました。

地球温暖化と持続可能性

2021315日)。


ニュース

自然科学研究会IIIIVの藤岡陽大君(法・政3年)の論文が副専攻(自然科学・物理学)に認定されました。

IoT百葉箱を活用した八ヶ岳麓における霧の発現観測」(日吉紀要)

2021310日)。


コミック監修

ザ・テクノロジー2030 マンカわかる すくそこの未来に備える最新技術 第三話 「天気予報・気候予測」

comicブースト(オンライン)、幻冬舎コミックス(単行本)

2021129日オンライン公開、629日単行本出版)。

科学道1002021Theme 1「未来エンジニアリング」に選ばれました。


64回宇宙科学技術連合講演会

日本航空宇宙学会 優秀発表賞 受賞(山本智貴さん発表分)

惑星大気の衛星間電波掩蔽観測のための最適軌道に関する研究

20201210日発表)。


ニュース

富山国際大学付属高等学校のHPで科学研究会での特別講義の内容が紹介されました。

金星に吹く風の謎

20201116日)。


グローバルサイエンスキャンパス令和2年度 全国受講生研究発表会

受講生投票賞 受賞(白坂翠萌さん発表分)

Observing system simulation experiments to reproduce planetary-scale wave in the Venus atmosphere

20201115日発表)。


ニュース

JSTグローバルサイエンスキャンパス受講生の白坂翠萌さんの研究が、清泉女学院中学高等学校のHPで紹介されました。

金星大気惑星規模波動の再現に向けたデータ同化による研究

2020720日)。


絵本出版

「空があるから」

202073日発売)。

中国語版が出版されました。

 


テキスト出版

「はじめて学ぶ大学教養地学」

2020529日発売)。

2020年の年間売上5位(慶應義塾大学出版会)になりました。

 


ニュース

JSTグローバルサイエンスキャンパスのHP(先輩たちの活躍)に受講生の細野朝子さんが掲載されました。

金星大気衛星間電波掩蔽観測立案に向けたデータ同化による研究

2020年グローバルサイエンスキャンパスパンフレットでも紹介されています。

202051日)。


ニュース

科学研究費補助金 基盤研究S あかつきデータ同化が明らかにする金星大気循環の全貌林祥介(代表)

研究員として村上真也さんが着任されました。

202041日)。


プレスリリース

金星探査史上初めての快挙!「あかつき」を用いて金星の全球的な大気構造を解明

2020226日発表)。


グローバルサイエンスキャンパス令和元年度 全国受講生研究発表会

科学技術振興機構理事長賞 受賞(細野朝子さん発表分)

The study for designing future mission of radio occultation measurement of Venus atmosphere among small satellites using data assimilation

20191117日発表)。


ニュース

科学研究費補助金 基盤研究S あかつきデータ同化が明らかにする金星大気循環の全貌林祥介(代表)

研究員として藤澤由貴子さんが着任されました。

2019101日)。


日本地球惑星科学連合2019年大会 学生優秀発表賞 受賞 (阿部未来さん主著分)

「金星の衛星間電波掩蔽観測を意識したデータ同化による研究」 (大気水圏科学セクション)

2019710日発表)。


プレスリリース

金星探査機「あかつき」が金星の雲の中に巨大な筋状構造を発見 数値シミュレーションによる再現・メカニズム解明にも成功

2019111日発表)。


プレスリリース

台風の急激な構造変化のメカニズムを解明 −台風の強度予報の精度を飛躍的に向上できる可能性−

20181031日発表)。


Highlights of 2017 in Fluid Dynamics Research

Inertia–gravity wave radiation from the elliptical vortex in the f-plane shallow water system

2018712日発表)。


記者発表

AFESによる惑星大気研究:金星大気大循環と「あかつき」データ同化に向けての試み

2018419日 平成29年度 地球シミュレータ利用課題 研究成果 記者説明会 林代表の発表に同席)。


プレスリリース

金星の大気の流れを再現する仕組みの開発に世界で初めて成功

2017825日発表)。


テキスト出版

「法学・経済学・自然科学から考える環境問題」

201784日発売)。

韓国語版が出版されました。


日本流体力学会 2016年度学会賞(竜門賞)受賞

「地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究」 選考理由のリンク

2017310日発表)。


Keio Research Highlights

Simulation solves Venus atmosphere mystery

2016428日発表)。


プレスリリース

金星極域の高温の生成・維持メカニズムを理論的に解明

201621日発表)。


単行本出版

「風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか」

2015522日発売)。

風の吹くしくみをわかりやすく解説しました。

Amazonからも購入できます。


Sugimoto Norihiko < nori @ phys-h.keio.ac.jp >

Updated: 5th Aug., 2022;